「いい家」をつくる会

HOME固定ページ DB接続用

10594---江東区で二世帯住宅の注文住宅をお探しの方へ|間取りのコツ紹介

$array = array('ID'=> 10594,'post_title'=> '江東区で二世帯住宅の注文住宅をお探しの方へ|間取りのコツ紹介','post_status'=> 'publish','post_content' => '「江東区に二世帯住宅を建てたいけど、失敗しないか心配」 「二世帯住宅の間取りのことを教えてほしい」 ただでさえ住宅の間取りを決めるのは難しいのに、まして二世帯住宅なんて何から考えていいかわからないですよね。 そこで今回は、二世帯住宅の間取りのコツを徹底的にお教えいたします。

□二世帯の間取りについて

二世帯には大きく分けて二種類あります。 ・独立型 ・一体型 まず、独立型の二世帯住宅は一つの家にそれぞれ別々に住む感覚です。 これは、玄関から浴室やトイレ、台所まで別にする住宅です。 ちなみに建築基準法上では、このように内部でつながっていない場合の住宅は、マンションと同じく共同住宅という扱いです。 次に、一体型の二世帯住宅です。 これは、住居スペースである部屋のみが別でお風呂やトイレ、台所など生活空間は共同であるという住宅です。 ちなみに、このように内部で自由に行き来することのできる住宅は一戸建て住宅とみなされます。 独立型の方が完全にそれぞれの生活を送ることがき、いい距離感を保てるのでおすすめです。

□生活を豊かにするための間取り

二世帯住宅の種類を決めたなら、とうとう間取りをきめる段階に入ります。 ここで最も大切なのは、なんといっても親の世帯と子の世帯がそれぞれ生活しやすい環境ですよね。 せっかく一緒に住んでも、間取りが悪くて義父や義母と仲が悪くなったら大変です。

*上の階?下の階?

最初に悩まれるポイントは何といっても上の階と下の階どちらにするかですね。 おすすめは親世帯が下の階、子の世帯が上の階です。 やはり、毎日階段を上り下りするのは年齢を重ねるごとに大変になってきます。 お子様の足音が下の階の親に迷惑かもとお思いの方もいらっしゃると思いますが、お子様の部屋を玄関やクローゼットの上にすれば解決です。 このように柔軟に間取りを決められるのは注文住宅の強みです。

*廊下の活用

二世帯住宅では、収納するものが多くなりがちです。 だからと言ってクローゼットだらけの住宅は嫌ですね。 ここでのコツは、廊下を広くして、棚を設置することです。 ここに、共同で使う掃除機や日曜道具などを収納すれば、お互いの生活空間に干渉することなく取り出しが可能です。 また、後々車椅子が必要になった場合でも、棚を取りはずせば、廊下が広くなり移動がスムーズにできます。

□まとめ

せっかく一緒に住むなら、それぞれが快適に過ごしたいですよね。 お互いが手を取り合って協力できる住宅づくりのためにも、間取りがとても重要になってきます。 「こんな間取りができるの?」、「こういう住宅にしたい!」など疑問点や気になることがあれば、ぜひ当社にお問い合わせください。'); wp_insert_post($array);