「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ

五代目社長のちょっと一息ブログ

住宅の耐久性を高めたい!基礎設計が耐久性を左右する? 2018年11月14日

人生のうち多くの時間を過ごす住宅。
せっかく家を建てるなら長く住める住宅にしたいですよね。
そこで今回は、住宅を長持ちさせる基礎について解説いたします。

□家の寿命

住宅の寿命は、それぞれの住宅によってばらつきがあり、一概に何年と断定することはできません。
しかし、最初の設計の段階での工夫や定期的なメンテナンスで耐久性を高め、家の寿命を延ばすことは可能です。

□基礎で長持ちさせるには

*地盤調査
長持ちさせるにはまず基礎を考える前にその土地の地盤を調査することが必要です。
いくら耐久性が強い家を建てても、その下にある地盤が弱いと沈み込んでしまうからです。
これが弱いと建物の重さによって耐え切れなくなり、アンバランスに沈んでいき、傾きをおこしてしまいます。
地盤改良や杭打ちによって対処できることもあるため、地盤調査は行うようにしましょう。

*基礎の種類

地盤の特徴も考慮しつつ、採用する種類を変えます。
・ベタ基礎
一般的には底板が鉄筋コンクリートになっているこれが採用されています。
底板の面全体で家の重さを支えてくれるため地盤が多少弱くても大丈夫です。
建物全体が重いときや、地盤が弱い場合は特におすすめです。
地面からの湿気を防ぎ、白アリの侵入も防止します。

・布基礎
少し前までは主流の構造でした。
費用を安く抑えることができるというメリットがあります。
柱の下とその間に基礎を設置しますが、ベタ基礎のように全体に基礎があるわけではありません。
底板を広げることで地盤が弱い場所での家の沈下を防止することができます。

・独立基礎
特定の柱などの下に1つ基礎を置く形です。
住宅でない建物ではよく使用されています。
地中にある独立基礎同士を鉄筋コンクリートの梁でつないで使用されていることが多いです。

特にこだわりがないときにはベタ基礎にするのが無難かもしれませんね。
ただ業者によってはこだわりを持って布基礎などを採用しているところもあります。
その場合は業者になぜそれを採用しているのか尋ねてみることをおすすめします。

*基礎の大きさ
地盤が弱くなくても、建物が重いときには基礎の大きさを変えて対応します。
コンクリートや鉄骨の場合木造よりも重いため、こういうときは基礎の幅を広くします。

□おわりに

住宅の基礎部分を強化することは家の耐久性の強化につながります。
もちろん耐久性向上には外壁塗装などほかにも方法はありますが、基礎部分がしっかりしていないと家自体が傾いたり倒壊したりしてしまうのです。
耐久性強化のためにまずは基礎部分の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

北海道地震 心よりお見舞い申し上げます。 2018年9月7日

この度の北海道地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、被災地等におきまして、救援や復旧支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表しますとともに、皆様の安全と被災地の1日も早い復旧をお祈りいたします。

地震でお亡くなりになる方の殆どが建物の倒壊や、家具の転倒によるものです。

【地震の時に家は凶器になります】

そういう被害を1件でも無くす『家づくり』をし、緊急の際には、建築に携わる者が真っ先に動けるように準備をしていかなければならないと思いました。

AA0FAC85-DE9F-4438-9584-107F7838E324

 

O様邸地鎮祭を執り行いました。 2018年7月16日

地元江東区のO様邸

海の日、もとい建築吉日の本日、地鎮祭を執り行いました。

限られた敷地の中での、

3階建て小屋裏収納付きの【涼温な家】になります。

O様のご実家が道路を挟んだ向かい側にありまして、実家との距離はまさかの10m(近っ!)

ご実家は某大手ハウスメーカーで建てられたそうですが、暑さ寒さには悩まされているようです。

今回お父様はご子息のO様の家づくりにおいて、大手ハウスメーカーを何社も見て回られたそうですが、

最終的にお選び頂いたのが【涼温な家】でした。

本日も殺人的な暑さの中での地鎮祭でしたが、来年の夏には快適なお家が出来ていることと思います。

といいますか、快適な家を造ることをお約束致します!!!

O様、本日は地鎮祭誠におめでとうございます。

安全第一で工事を進めてまいります。

2B048436-6289-47AF-9E0A-AA70F431837F 86044D90-4B7B-44D3-8D65-D0A1581B75A2

O様邸お引渡し 2018年7月13日

千葉市で建築中だったO様邸

本日お引渡しとなりました。

外は35度を超える猛暑日でしたが、1台のエアコンの稼働のみで、家中快適な温度になっていました。

太陽光発電、蓄電池、高効率給湯器エコワンを採用し、

長期優良住宅認定、低炭素建築物認定も取得したO様邸。

省エネで高性能、超快適なお家が出来たのではないでしょうか!(自画自賛w)

O様は弊社の元協力業者で厚意にしてくれてまして、住まわれてからの光熱費や住み心地など、色んな情報をフィードバックしてもらう予定です。

それも楽しみですが、今年の猛暑をどれだけ快適に過ごしてもらえるか?まずはそこで評価を頂ければと思います!

O様、ご竣工誠におめでとうございます。末長いお付き合いを宜しくお願い致します。

近く祝杯をあげましょう(^^)

DSC_0280DSC_0264 (003)DSC_0272

 

E7E36CFA-631A-49CA-B4E3-40EF4EB46CC1

 

2018感謝祭 大盛況でした! 2018年6月14日

先週9日土曜は弊社の感謝祭。

天候にも恵まれ大盛況で幕を閉じました。

来場者368名 チャリティー売り上げ152,373円

嬉しいことに年々来場者も寄付金も増えてきています。

スタッフ、協力業者他関係者の皆さん、

そして地元地域の皆さんには本当に感謝です。

社員10名程度の零細工務店のイベントを毎年楽しみにしてくれるお客様がいる。。。

たくさんの笑顔が溢れていました。奇跡ですwww

来年も楽しみにしてくださいね(^^)

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

_DSC6836 - コピー _DSC6875 - コピー _DSC3135 - コピー _DSC3319 - コピー _DSC6910 - コピー _DSC7282 _DSC7267 _DSC7255 _DSC7249 _DSC7068 _DSC7042 _DSC7032 _DSC7075 _DSC6883 - コピー _DSC6905 - コピー _DSC6908 - コピー _DSC6996 - コピー _DSC3282 - コピー _DSC3162 - コピー _DSC3143 - コピー _DSC6822 - コピー _DSC3396 - コピー _DSC3455 - コピー

感謝祭バスツアー開催しました! LIXILリフォームフェア2018 2018年5月20日

5月19日【感謝祭バスツアー】を開催致しました!

有明ビッグサイトで『LIXILリフォームフェア』を見学していただき、その後は親睦を図る食事会(飲み会w)をおこなうというもの。

バスをチャーターしての初めてのイベントでしたが、事故もなく、参加されたお客様は最新のリフォーム建材に触れて、夢を膨らませていたことでしょう(笑)

その後はメインイベント!

昨年弊社で大規模リフォームをさせていただいた『野里たけ』さんへ場所を移し、お客様と一緒に、家の話や地元の話、工事中のエピソードなど懐かしい話をしながら美味しい料理とお酒を楽しみました。

お客様にも喜んでいただきましたが、それ以上に私が一番はしゃいでしまったのが反省点ですが、また来年も是非開催したいと思いました!

ご参加いただいたお客様並びに、ご協力いただいた『野里たけ』さん、本当にありがとうございました。

小料理や 野里たけ 江東区住吉2-15-3 TEL03-3633-0774

18:00~23:30(L.O.23:00)日曜営業

 

C81F5E49-DADC-4905-8CDD-F2A263302101 71CAF917-E502-4A6D-ACDD-D315BBC04D90 DDC74EDD-88F4-46B1-A132-6D922BB8023A E41CE11D-3A57-4CAA-BA37-B2CF464F5BAD 464D9A0B-7B26-4AA6-9C1A-C3BC1D9AB40C 4C951CBA-2957-4542-97BB-1B44FFC1DA9B DB954CBB-D968-45ED-86F7-0FC682D39DA7

社員旅行in伊東 2018年4月9日

月5日はウスクラ建設の創立記念日。

創業明治16年から数えまして136年目(法人設立48年目)を迎えることが出来ました!

それに合わせて、4月7日~8日一泊二日の社員旅行に行ってきました。

行先は静岡県の伊東市

美味しいものを食べて、温泉でもゆっくり浸かって、社員同士の親睦を図ってもらおうと!

ウチのような10名足らずの会社では、社員全員が仲良くコミュニケーションを図りながら業務を進めていかないと、段取りミスも出てしまい、お客様にも迷惑を掛けてしまいます。

普段思っていてもなかなか言えなかったり、お酒の力を借りると言えたりしますね(笑)

天気にも恵まれ、良い気分転換になりました!

また来年も行けるよう社員一同、頑張ってまいります。

05F1BC01-A63A-4736-8A2F-4A9794385750

38FBEE55-21D1-4CA6-99D1-1C0ABAA1932E 48D8230A-4F78-4ABF-AECB-EAA8F392E695 D10ADFCB-607A-41D6-B64B-6A1567EBB161 87FE38B1-2FA5-42A5-B1B3-F365EDB1FCC2 487DB242-FFB4-48C7-AF05-FE62CE69D2E9 48286F61-681E-4ABE-A611-CE0FE81D3464 60A96190-5084-4455-865F-9F42E24AD429 B13F8BBA-3F10-4116-8505-675A5E3AA5A7 45DBB2A9-D7D1-4062-ABCD-C00B28A25569 DE4F9631-308C-4D94-9846-D5E1D108D511 083EBBF0-C9CC-47CB-9F08-117D2C3F5C63 46924A56-35C1-4678-B79E-6FCD09ABC312 46293A06-DC2D-447C-9EBB-CC6FC7A80928 1B11316C-443B-4C61-BAC0-545435EE72AA 217687D3-2D11-4CD2-8D2E-AFA136BBAAF9

終活セミナーを開催しました。 2018年1月27日

今日は会社の打ち合わせ室にて、《終活セミナー》を開催しました。

開催したといっても、ウスクラ建設が主催ではなく、私が普段からお世話になっているその道のプロの方、税理士、ファイナンシャルプランナー、行政書士、ライフプランナー、4名が協働しての開催でした。

FAE7E1E3-78D4-4258-913F-D689273F6917

 

因みに《終活》とは“自分の人生の終末のためにする活動のこと。就職活動が「就活」と略されるのと同種の造語で、週刊誌の連載記事で初めて使われたとされる。当初は自分の葬儀や墓について生前に準備することをさしたが、ことばが定着するにつれ、医療や介護についての要望、身辺整理、遺言、相続の準備なども含まれるようになった”

ということらしいです。

 

私が今設計を進めているお客様でも、プランニング中に同居をされているお父様が亡くなり、母親兄弟と相続の話になり、司法書士や税理士さんをご紹介して話を進めています。

横でお話を聞いていたのですが、なかなか生前に準備をすることは難しいのだな。と感じました。

 

今回のセミナーは私も聞かせてもらいましたが、何はともあれ、準備や予防が大事だなと。知らないということは怖いなと。

大変勉強になりました。

 

《終活》というと、どうしても死を連想してネガティブなイメージで、「そんなセミナー受けたくないよ」と言われた方もいらっしゃいましたが、こういった終活をしっかりすることによって、前向きでポジティブな人生を送れるのだなと、強く思いました。

参加者からは、セミナー名称は終活セミナーではなく、「いきいきセミナー」なんて前向きな方が良いと思いますよ!なんてアドバイスも頂きました。

 

第二回も企画して、是非多くの人に知ってもらいたいと思っています。

E225B348-067A-4847-8A28-0F882BBB7B51 B23F9FB3-B28E-4236-9B6C-BCC4F5403C28

O様邸地鎮祭を執り行いました。 2018年1月20日

大寒の本日、

今年初の地鎮祭をおこないました。

施主のOさんは10年程前まで某大手建材メーカーに勤めており、弊社の担当をしてました。

当時、弊社の営業活動に協力的だったOさん。休み返上で見学会や勉強会を手伝ってくれていました。

弊社のの内状を知っているOさんから依頼を受けたことは、とても意気に感じますし、自信にもなります。

必ず「いい家」を建てます!

本日はおめでとうございました!

597C377F-AA33-4202-9D89-7EAF5CF6E0C8 70931861-7D99-45DE-BF24-7E9ADBDC3C56 64B29233-64FA-4FC1-9AE2-8181EC1811E2

晩酌

今更ですが、最近好きなお酒 ふなぐち菊水に焼き鳥

今夜はお酒も格別です(^^)

62247CAC-5EDE-4B6A-8682-568F13DD20CB

仕事はじめ 2018年1月5日

明けましておめでとうございます。

本日5日より通常業務となります。

今朝7:00からの朝礼も誰一人欠けることなく出社しました。

2018年が、顧客並びに関係者の皆様にとって素晴らしい年でありますよう祈念いたします。

また、ウスクラ建設も地域に必要とされる工務店になるべく、飛躍の年にしてまいります!

あらためまして本年もどうぞ宜しくお願い致します。

DSC_0011 (2)

1 / 6512345...102030...最後 »
  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ