「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区在住の方へ!店舗併用住宅でカフェを成功させるには? 2019年7月21日

「店舗併用住宅のカフェを建てる際に知っておきたい情報ってあるのかな?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
店舗併用住宅とは、同じ土地に住居とお店がある住宅です。
しかし、知識のないまま、家でカフェを開いてしまうと「こんなはずではなかったのに…」と後悔してしまう恐れもあります。
そこで今回は、店舗併用住宅のカフェを建てる前に、成功させるために知っておきたい情報をお伝えします。

□店舗併用住宅のカフェを建てる前にまず考えたいこと

*自分が思い描くカフェ像について考える

ビジネスとして上手く成り立たせるためには、なんとなくカフェを営業するだけでは不十分です。
まずは、自分がどのようなカフェにしたいのか考えておく必要があります。
もし自分の思い描くカフェ像がなければ、イメージが曖昧になってしまい、ビジネスとして成り立たなくなってしまう恐れもあります。

*カフェの狙うべき客層を決める

次はサラリーマン、学生、主婦など、どの客層をターゲットにするのか決めましょう。
この際、なんとなくターゲットを決めるのではなく、実際に建てる土地がどのような層が多いのか調査することが重要です。
いくら自分がいいと思う客層をターゲットにしても、決めた客層のボリュームがその土地で少なければ、成功する確率は低くなります。

*メニューや間取りを決める

コンセプトやターゲットが決まれば、次はそれらに沿って以下のことを決めましょう。
・メニューはどのようなものにするのか
・営業する時間帯(昼のみ営業するのか、昼・夜両方営業するのか)
・最大席数
もし近くにカフェがあるなら、どのように差別化を図るかなどを検討しておく必要もあります。
また、間取りに関しても、店舗と住居をどれほど分離させるのかという点も事前に考えておくと良いでしょう。

□店舗併用住宅のカフェを建てる際の注意点

店舗併用住宅のカフェを建てる際は、店舗部分は原則的に住宅ローンが組めない場合もあるため、注意が必要です。
もし事業ローンと住宅ローンを一本化するのであれば、店舗部分を家全体の床面積の1/2以下にしておく必要があります。

□まとめ

今回は、店舗併用住宅のカフェを建てる前に考えておくべきことと注意点をお伝えしました。
カフェを建てる前にまずカフェのコンセプト、ターゲット、それらに沿ったメニューや間取りなどを決めることが重要です。
当社は、東京都と千葉県を中心に店舗併用住宅を提供しています。
店舗併用住宅に関して何か疑問点があれば、気軽にご相談ください。

店舗併用住宅で住宅ローンは組めるの?【江東区在住の方へ】 2019年7月17日

「店舗併用住宅を建てるときに、住宅ローンって組めるのか心配」
このような悩みをお持ちではありませんか?
店舗併用住宅を建てるときに、住宅ローンが組めるかどうか気になる方も多いと思います。
そこで今回は、店舗併用住宅を建てるときに、住宅ローンを組めるのか解説します。

□店舗併用住宅とは?

店舗併用住宅とは、同じ土地に住居とお店がある住宅です。
店舗併用住宅は、床面積の1/4以上が住宅部分になっている必要があります。

□店舗併用住において住宅ローンは組めるの?

店舗部分は原則的に住宅ローンは組めません。
住宅ローンは本来、住む家を建てるときに組むローンであるため、住居部分と店舗部分は2本立てでローンを組む必要があります。
店舗部分で資金を調達するには、事業として、事業用ローンや事業融資を利用する必要があります。

□住宅ローン「フラット35」を利用する方法

これまで店舗併用住宅の場合、住居部分と店舗部分は別にして、ローンを組む必要があると述べてきました。
しかし、条件を満たせば住居部分と店舗部分を1本立てで、住宅ローン「フラット35」を組める場合もあります。
その条件とは以下の4つです。
・住宅部分の床面積が全体の約1/2以上
・店舗部分の具体的用途は申し込み本人、あるいは同居者が生計を営むために自分で使用すること
・住宅部分と店舗部分の間が壁や建具などで区画されており、相互に行き来できる建築方法であること
・住居部分と店舗部分を1つの建物として登記できること
これらの条件を全て満たせば、フラット35の融資対象となります。
そのため、ローンを組むことを計画しているのであれば、これらの条件を満たしているか必ず確認するようにしましょう。

□店舗併用住宅を建てる際の注意点

ローンを組む条件を満たせたとしても、法律の関係で、その地域で店舗の建設が制限されていることもあります。
そのため、その土地で自分の要望に合った店舗併用住宅を建てられるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、店舗併用住宅を建てるときに、住宅ローンを組めるのか解説しました。
店舗併用住宅では原則的に店舗部分に限り、住宅ローンを組むことができません。
しかし、一定の条件を満たせば、住宅ローンを1本化できることもあるため、事前にそれらの条件を確認しておきましょう。
当社は、東京都江東区・千葉県浦安市を中心に店舗併用住宅を提供しています。
そのため、何か疑問点があれば、お気軽にご相談ください。

江東区で二世帯住宅を!最近話題の二世帯住宅とその種類とは 2019年7月15日

最近、注文住宅の形式として「二世帯住宅」が流行しています。
「二世帯住宅って、どのようなものなの?」
「二世帯住宅にするメリットやデメリットが知りたい」
一方で、このような疑問やお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。
今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、二世帯住宅とその種類についてお話しいたします。

□二世帯住宅の種類と特徴

二世帯住宅とは、一つの住宅に親世帯と子世帯の二つの世帯が暮らせる住宅です。
しかし、二つの世帯が一つ屋根の下で暮らす際の形態は一つではありません。
実は、二世帯住宅は主に3つの種類に分かれます。

*完全に分離したタイプ

このタイプは、一つの建物を壁やフロアで分ける方法を採用したものです。
例えば、建物の1階または左半分を親世帯、そして2階または右半分を子世帯にする方法があります。
メリットは、世帯ごとのプライバシーを尊重できることです。
家族だからといって、金銭的な会話のようなプライバシーに関わる話は、盗み聞きされるのは嫌ですよね。
一方でデメリットは、建築にかかるコストが残り2つのタイプよりも高くなることです。
完全に分離する場合、玄関や水回りの設備を各世帯に配置しなければなりません。
また、十分な敷地面積がなければ、それぞれの住処が狭くなります。

*一部を共有するタイプ

このタイプは、玄関や水回りといった一部の設備を二つの世帯で共有する住宅です。
その一方で、それ以外の設備は完全に分けられています。
このタイプのメリットは、分離するタイプと同居するタイプの良いところを得られることです。
一部の共有であれば世帯同士で接触できるので、親世帯としては寂しい思いをせずに済みます。
また、それ共有している設備以外ではプライバシーを尊重できます。
一方で、一部を共有するタイプにもデメリットがあります。
世帯間で生活リズムが異なる場合、水回りの利用や玄関のドアの開閉音を騒音に感じる恐れがあります。
したがって、生活リズムを中心に世帯間での話し合いを密に行う必要があります。

*同居するタイプ

同居するタイプは、個人の部屋を除いた、リビング、水回り、玄関などの設備を完全に共有する住宅です。
このタイプのメリットは、2つあります。
まず、住宅の建築コストを他のタイプよりも安く抑えられることです。
個人の部屋を除いた設備を共有するため、設備の出費は一つ分で済みます。
そして、親世帯と子世帯が密接に関わるため、お互いに助け合えます。
金銭的なものからお世話や介護まで、幅広いことで助けを求め合えます。
一方で、プライバシーの尊重が他のタイプよりも難しくなることがデメリットとして考えられます。

□まとめ

今回は、二世帯住宅とその種類についてお話しいたしました。
二世帯住宅には三つのタイプがあります。
世帯間で一致するニーズに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
当社は、江東区における二世帯住宅の施工経験がございます。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

二世帯住宅の不動産取得税に関するメリットとは|江東区の注文住宅 2019年7月11日

最近、二世帯住宅の需要が高まってきています。
「二世帯住宅にすると、不動産取得税が減税されるってほんと?」
「減税の情報を詳しく知りたい!」
そんな中で、このようなご要望や疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいます。
確かに、ただでさえ負担になる課税の対策があれば知りたいですよね。
今回は、江東区内にて二世帯住宅の建築をお考えの方に向けて、二世帯住宅の不動産取得税に関するメリットについてお話しいたします。

□二世帯住宅に関する税制

二世帯住宅を建てる際、その建築費用は、一般的な住宅と比較して、非常に高くなります。
その理由は、二世帯が生活するため、同じ設備を複数設置する必要があるからです。
また二世帯住宅は、一般的な住宅と比較して、広い敷地面積でなければ建設できない場合が多いです。
その際、気がかりになるのは「税金」です。
一般に、不動産を取得した際は「不動産取得税」、所有し続ける間は「固定資産税」、そして相続する際は「相続税」が課されます。
これらの税負担は非常に大きいもので、これらを理由に不動産の取得を諦める方や手放す方が多くいらっしゃいます。
そして、二世帯住宅の購入をお考えですが、この時点で諦めてしまう方もいらっしゃいます。
しかし、二世帯住宅に関する税金は軽減できる場合があります。
次の項目では、「不動産取得税」に関するメリットをご紹介します。

□二世帯住宅の不動産取得税に関するメリット

*「不動産取得税の軽減」とは

一般に、不動産を取得した際、その固定資産税評価額に税率3%をかけた値の税金が課されます。
これが、不動産取得税です。
また、床面積が50〜240平米の新築であれば、固定資産税評価額から上限1200万円を差し引いた額に3%をかけられます。
これは、一世帯の住宅で成り立つ計算式です。
しかしながら、二世帯住宅の場合、要件を満たすと1つの建物で二世帯として認められる場合があります。
そうすることで、控除額が二世帯分になります。

*「不動産取得税の軽減」を受けるための条件

二世帯住宅の場合、以下の2つの条件を満たすことで、「不動産取得税の軽減」を受けられます。

・世帯間が扉や壁で区分けされており、構造上、互いに独立している
・各世帯が専用の水回り設備や玄関を有しており、利用上、互いに独立している

以上のいずれかの条件を満たし、二戸分であると認めてもらう必要があります。

□まとめ

今回は、二世帯住宅の不動産取得税に関するメリットについてお伝えいたしました。
二世帯住宅にすることでのみ可能な税金対策があります。
もし、ご両親様との暮らしをお考えであれば、二世帯住宅を選択してみてはいかがでしょうか。
当社は、二世帯住宅の施工経験がございます。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

特例とは?二世帯住宅の相続税に関するメリット|江東区の注文住宅 2019年7月7日

最近、二世帯住宅の需要が高まってきています。
「二世帯住宅だと、相続税の話がややこしそう…」
「相続税に関してメリットはないの?」
そんな中、このような疑問やお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。
確かに、二世帯住宅の相続税に関するメリットがあれば知りたいですよね?
そこで今回は、江東区内で新たに二世帯住宅の建築をお考えの方に向けて、二世帯住宅の相続税に関するメリットについてお話しします。

□二世帯住宅のメリット

二世帯住宅では、親世帯と子世帯が一緒に暮らします。
そのメリットは非常に大きく、両方の世帯がそれを得られます。
親世帯からすれば、身体の自由が利かなくなった際に生活を支援してもらえます。
また、例えば共働きの子世帯からすれば、育児を親世帯に援助してもらえます。
しかし、二世帯住宅のメリットは、これだけではありません。

□二世帯住宅の相続に関するメリット

*相続税の変化

相続税に関して、2015年1月1日より、基礎控除額が40%縮小されました。
したがって、範囲内の基礎控除額で課税非対象だった人も、相続税が課される恐れが出てきました。
そのような中で、土地の相続を行う場合、相続税の額は大きくなるのが予想されます。

*変化する相続税に対するメリット

相続税の額が大きくなることが予想される中で、実は、一世帯のみが暮らしていた住宅よりも、二世帯住宅の方が、相続税の負担を軽減できるかもしれません。
それが、「小規模宅地等の特例」と呼ばれる制度です。
これは、相続する土地の評価額が330平米までは、80%軽減される制度です。
二世帯住宅で、この特例を適用するには、非相続人と相続人の同居と、相続後の継続した居住が条件です。
そして、この特例を適用するためには、相続税申告書の提出が必ず要求されます。
相続税申告書の提出では、複数の添付書類の提出も要求されるので、国税庁のホームページで確認してみてはいかがでしょうか。
また、二世帯住宅を親と子で区分登記している場合は、特例が適用されないことに注意する必要があります。

□まとめ

今回は、二世帯住宅の相続税に関するメリットについてお伝えいたしました。
最近話題の二世帯住宅は、従来の戸建て住宅よりも建築費用がかかりますが、生活面や経済面、そして相続面で多くのメリットがあります。
相続税対策として二世帯住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
当社は、二世帯住宅の施工経験がございます。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

補助額はいくら?江東区の業者が二世帯住宅の補助金についてご紹介! 2019年7月3日

最近、両親と一緒に暮らせる二世帯住宅の需要が高まってきています。
二世帯住宅は一般的な住宅と比較して、建築に費用がかかります。
「二世帯住宅を建てる際に補助金はないのかな?」
「補助金の補助額はどの程度なの?」
当然、このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいます。
確かに、少しでも建築費用の足しにできるならば、補助金を申請したいですよね?
今回は、江東区内で二世帯住宅の注文をお考えの方に向けて、二世帯住宅の補助金についてお話しいたします。

□二世帯住宅の補助金

現在、二世帯住宅の補助金は、主に2つあります。
また、これらに加えてお住いの自治体も補助金制度を設けている場合があります。
そちらも確認してみてはいかがでしょうか。

*地域型住宅グリーン化事業

「地域型住宅グリーン化事業」は、国土交通省が行なっている事業です。
この事業では、耐久性に富んだ、省エネルギーな新築の木造住宅の建築に際して、補助金を交付しています。
条件となる住宅とそれに応じた補助金の額は、以下の3つに分類されます。

・「長寿命型」…1戸につき、110万円まで給付。
・「高度省エネ型(低炭素住宅)」…1戸につき、110万円まで給付。
・「高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)」…1戸につき、140万円まで給付。

また、「三世代同居対応」の住宅であれば、さらに30万円が加算されます。
「三世代同居対応」の定義は、キッチン・トイレ・浴室・玄関のうち、2つ以上が住宅内に複数設置されている必要があります。
そして、使用する木材が「地域材」であれば、さらに20万円が加算されます。

*その2:長期優良住宅化リフォーム推進事業

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は、住宅の性能を向上させるためのリフォームに向けて、設けられた補助金制度です。

補助金を受けるための要件は、「工事前の検査の実施」、「劣化対策と耐震性を必ず満たした工事」、「リフォームの履歴と維持保全計画の作成」の3つです。
条件となる住宅とそれに応じた補助金の額は、以下の3つに分類されます。

・「評価基準型」…1戸につき、100万円まで給付
・「認定長期優良住宅」…1戸につき、200万円まで給付。
・「高度エネルギー型」…1戸につき、250万円まで給付。

また、これに加えて三世代同居対応ならば、50万円まで加算されます。

□まとめ

今回は、二世帯住宅の補助金についてお話しいたしました。
「地域型住宅グリーン化事業」や「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に基づく給付金だけでなく、お住いの自治体によるものや「すまいの給付金」もあります。
自らのニーズに合わせて、申請してみてはいかがでしょうか。
当社は、二世帯住宅の施工経験がございます。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

江東区の注文住宅|二世帯住宅に関する小規模宅地等の特例と注意点 2019年6月29日

最近、二世帯住宅をご注文される方が増加しています。
しかしながら、二世帯住宅に関して「小規模住宅等に関する特例」と呼ばれる言葉を度々目にするようにもなりました。
「そもそも『小規模住宅等に関する特例』って何なの?」
「この特例は知っているから、注意点を教えて欲しい!」
今回は、二世帯住宅をお考えの方に向けて、将来に役立つ「小規模住宅等に関する特例」についてお話しいたします。

□小規模住宅等に関する特例

*小規模住宅等に関する特例とは

「小規模住宅等に関する特例」とは、親族が住んでいた不動産を相続する際に、一定の条件を満たすことで、不動産の相続税評価額を80%減額できる制度です。
不動産を所有している親族から相続を受ける際に、この制度を利用することで、納付する税金の額を軽減できます。

 

*二世帯住宅で小規模住宅等に関する特例の適用に必要な条件

この特例の適用には、条件を満たす必要があります。

・条件1:同一の住宅に相続人と被相続人が一緒に住んでいる
・条件2:土地所有の名義が親である
・条件3:被相続人と相続人が同じ生計である

以上の3つ条件が揃うことで、二世帯住宅でも小規模住宅等に関する特例を受けられます。
また、親世帯と子世帯で区分登記をしている場合は、この特例は受けられません。

□小規模住宅等に関する特例の注意点

先述の通り、この特例には条件があります。
特に条件3の相続人と被相続人が同一の生計であることに関しては、注意する必要があります。
この特例がない場合は、相続した土地の評価額に基づいて相続税が課されます。
しかし、その場合、課される税額は非常に大きなものになります。
それゆえに、土地の売却が要求される恐れもあります。
また、条件2についても注意する必要があります。
一つの建物を親と子で、それぞれが区分所有登記している場合は、特例の適用を受けられません。
もし区分登記しているようであれば、慎重に名義変更を行う必要があります。

□まとめ

今回は、二世帯住宅をお持ちの方の将来に役立つ「小規模住宅等に関する特例」についてお話しいたしました。
小規模住宅等に関する特例の適用には、土地の名義が親であり、かつ生計と暮らしている建物が同じである必要があります。
また、特例に関する注意点にも留意する必要があります。
当社は、多くの経験に基づいた二世帯住宅の施工を承っています。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

江東区の注文住宅|気になる二世帯住宅の完全分離型の価格相場とは 2019年6月25日

最近、二世帯住宅の需要が高まってきています。
「完全分離型の二世帯住宅の相場が知りたい!」
「他の型の二世帯住宅とは、どの点で異なるの?」
二世帯住宅の中でも、完全分離型のものをお考えの方は多くいらっしゃいます。
今回は、江東区にて二世帯住宅の購入をお考えの方に向けて、価格相場を中心に完全分離型の二世帯住宅についてお話しいたします。

□完全分離型の二世帯住宅の特徴

二世帯住宅は、親世帯と子世帯で共同して購入するケースが多くみられます。
その二世帯住宅は、「完全分離型」、「一部共有型」、「全部共有型」の3つに分類できます。
そのうちの一つである「完全分離型」の二世帯住宅では、1棟の建物に2世帯が、個々に独立して生活します。
2つの世帯が個々に独立するのは、「世帯間の意見の食い違い」や「気遣いによるストレス」を回避するためです。
したがって、完全分離型の二世帯住宅では、お互いの世帯がお風呂やトイレ、玄関などの設備を共有せずに、個々に設置します。

□完全分離型の二世帯住宅の価格相場

*主要な3つの型の二世帯住宅の価格相場

・完全分離型の二世帯住宅の平均価格相場:4200万円前後
・一部を共有している型の二世帯住宅の価格相場:3400万円前後
・すべてを共有している型の二世帯住宅の価格相場:2500万円前後
以上から分かるように、完全分離型の二世帯住宅は、他の2つの型と比較して価格相場の値が高いです。

 

*完全分離型の価格相場は何故高いのか

完全分離型の相場が、他の2つの型と比較して高いのには理由があります。
それは、先ほどお伝えしたように、1棟の建物に2つ以上の同じ設備を設置する必要があるからです。
設置費用は、設備の数に応じて高くなります。

□完全分離型の二世帯住宅を低いコストで立てるには

完全分離型の二世帯住宅の建築コストを下げる方法は、主に2つです。

*その1:見積もりを複数の業者に出す

見積もりを複数の業者に出して、比較することで安く注文できる場合があります。
見積もりを比較する際は、内訳が具体的に記されていることを確認する必要があります。
また、費用が著しく安い場合があります。
その際は、追加料金を請求される恐れもあるので、注意しましょう。

 

*その2:比較的シンプルな建物にする

建物に意匠を凝らすのは、注文住宅の醍醐味(だいごみ)です。
しかしながら、意匠を凝らせば凝らすほどに、費用が高くなります。
二世帯住宅を安く注文したい方は、シンプルな造りでご依頼してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、価格相場を中心に完全分離型の二世帯住宅についてお伝えいたしました。
完全分離型の二世帯住宅の価格相場は、他の2つの型と比べて高くなる傾向があります。
したがって、親と子の世帯間でしっかり話し合ってから注文してみてはいかがでしょうか。
当社は、江東区における二世帯住宅の施工経験がございます。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

江東区で二世帯住宅を!二世帯住宅の固定資産税に関するメリットとは 2019年6月21日

二世帯住宅の「固定資産税」に対する減額があることをご存知ですか?
「二世帯住宅の税金対策には、どのような手法があるの?」
「固定資産税ってそもそも何?」
このように、税金にお悩みの方もいれば、「固定資産税」について詳しくご存知でない方もいらっしゃいます。
今回は、二世帯住宅をお考えの方に向けて、二世帯住宅の固定資産税に関するメリットについてお話しいたします。

□固定資産税とは

固定資産税とは、毎年の1月1日の時点で、土地、家屋、償却資産などを要素とする「固定資産」を所有している場合に、その資産額に基づいて市町村に納める税金です。
その資産額は、各市町村が定める固定資産税評価額で定まります。
また、固定資産税評価額に1.4%かけたものが、最終的に納付しなければならない固定資産税の額です。

□二世帯住宅の固定資産税に関する減税

税金対策を行う前に、1棟の住宅を「区分登記」する必要があります。
区分登記とは、一つの住宅を親世帯と子世帯で分けて登記することです。
区分登記の反対が、一つの住宅を親と子で共有して登記している「共有登記」です。
「区分登記」を行なった上で、二世帯住宅の固定資産税を安くするには二つの方法があります。

 

*その1:二世帯住宅を新築で建てる

一つ目の方法は、二世帯住宅を新築で建てることです。
二世帯住宅を新たに建築して区分登記していれば、世帯ごとに固定資産税が床面積120㎡分のみ、2分の1に抑えられます。
しかしながら、この軽減は3年間または5年間に限られます。

 

*その2:1世帯あたりの床面積を200㎡未満にして建築する

 

区分登記した上で、世帯ごとの床面積が200㎡未満であれば課税評価額を6分の1に抑えられます。

実は、上記の二つの税金対策は併用できます。
したがって、節税のためにも中古の2世帯住宅を購入せず、新築で購入してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、二世帯住宅の固定資産税に関するメリットについてお伝えしました。
税金に関する話は、非常に複雑です。
したがって、すべて業者任せにしてしまう方も多くいらっしゃいます。
しかしながら、知識を身につけることで節税できる可能性が高まります。
この記事を参考に、二世帯住宅の固定資産税の軽減を模索してみてはいかがでしょうか。
当社は、多くの経験に基づいた二世帯住宅の施工を承っています。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

江東区の業者が解説!二世帯住宅のメリット・デメリットとは 2019年6月17日

近頃、二世帯住宅をお考えになる方が増加しています。
「二世帯住宅のメリットとデメリットを教えて欲しい!」
「親世帯と上手く暮らせるのかな…?少し不安がある…」
二世帯住宅を考えるにあたって、このような疑問や不安をお持ちになる方もいらっしゃいます。
そこで今回は、二世帯住宅をお考えの方に向けて、二世帯住宅のメリットとデメリットについてお話しいたします。

□二世帯住宅のメリット

 

*その1:子育ての助けを親世帯に依頼できる

 

お子さんをお持ちの子世帯にとって、子育ての助けを求められるのは非常に大きなアドバンテージです。
例えば、子世帯が共働きである場合です。
両親ともに仕事をしている場合、食事やお迎えといった子供の育成に欠かせない日課をおろそかにしてしまうこともあるのではないでしょうか。
そのような事態を避けるために、親世帯に代行をお願いできます。

 

*その2:介護を子世帯に手伝ってもらえる

 

親世帯の不安として、一番多く耳にするのが「老後」についてです。
年齢を重ねるにつれて、身体の融通(ゆうずう)が効かなくなり、移動に苦労します。
その際に、子世帯に買い物や掃除の代行を依頼できます。
助けがあれば、老後も安心して暮らせます。

 

*その3:建築にかかるコストの負担を軽減できる

 

建築にかかるコストの負担を軽減できるのも、二世帯住宅のメリットです。
一つの世帯が戸建て住宅を新たに建築する際に全額を負担しなければなりません。
しかし、親世帯と子世帯が協力すれば、1棟の建築コストの負担を半分ずつにできます。

□二世帯住宅のデメリット

 

*その1:生活リズムの違い

 

親世帯と子世帯では生活リズムが異なる場合があります。
生活リズムが異なる際、特に問題なのは「騒音」です。
例えば、親世帯が就寝している時間に子世帯がお風呂に入っている場合です。
お風呂での騒音が、親世帯の睡眠の妨げになる恐れがあります。
何気ない騒音が積み重なることで、ストレスが溜まってしまうので、防音対策を施してみてはいかがでしょうか。

 

*その2:光熱費の分担

 

一部の設備を共有しているタイプや完全に同居するタイプの二世帯住宅で発生するデメリットです。
電気代や水道代、ガス代などの光熱費の負担を折半するように取り決めたとします。
しかしながら、実際はどちらか一方の世帯が多く使用している場合があり、不公平が生まれます。
この不公平がきっかけで、二世帯住宅での生活に終止符が打たれるかも知れません。

 

*その3:売却や相続に手間がかかる

 

片方の世帯のみの売却は、非常に難しいと言われています。
1棟の二世帯住宅の売却は、両方の世帯の許可を必要とします。
また、子世帯に別の場所に住む兄弟がいる場合、親世帯が亡くなった際の相続でトラブルが発生する傾向があります。
親世帯の相続財産が、二世帯住宅のみであれば資産の分割に関するトラブルが発生するかもしれません。
トラブルを回避するためにも、相続についてしっかりと話し合う必要があります。

 

□まとめ

 

今回は、二世帯住宅のメリットとデメリットについてお伝えしました。
二世帯住宅をお考えの方は、これらを参考にして、しっかりと世帯間で話し合いを行ってみてはいかがでしょうか。
当社は、二世帯住宅の施工経験がございます。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

1 / 7112345...102030...最後 »
  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ