HOME五代目社長のちょっと一息ブログ合格!

合格!

2017年9月12日

7月に受けた第二種電気工事士試験

なんとか合格してました(^-^;

IMG_2205

*晩酌しながらの写真ですいませんw

 

実は昨年も受けていまして、

学科は受かったのですが、

実技で痛恨の一撃ミスをしまして・・・撃沈。

今年リベンジしました(笑)

 

この資格、3年位前からスタッフ、大工さんに、

「取得してよ!」

と強く迫ってまして、

渋々w

スタッフ2名、大工2名が取得してます。

ただあと1人取得できていない大工がいまして、

軽くプレッシャーを与えていたのですが、

なかなか動きださないので、ここは自分が行動で示そうと!

というわけで、苦節2年掛かりましたがw

無事、社長の面子がたちました(苦笑)

 

何で電気の資格を?

電気屋さんになるの?

と思われるかもしれません。

 

実は

前々から思っていたことですが、

建てたお客様宅へ定期点検などで伺うと、

ちょっとした電気の依頼を受けることがあります。

照明器具の交換、コンセントの移動、スイッチの交換 等々

こういう作業は簡単ではありますが、資格を持っていないと作業出来ないんですね。

もし作業などして、事故があったりすると、管理責任が生じてしまうかもしれませんし。。。

なので、電気業者さんに依頼していたのですが、

当たり前ですが、そこそこ費用も掛かるわけです。

しかも電気業者さんとしても、あまり高く請求出来ないので、利益幅も少ないと思います。

喜んでは行かないのではないでしょうか?

 

ところが!

うちのスタッフが電気工事士の資格をもっていると、どうでしょう?

 

そうです!!!

簡単なものなら、何かのついででサービスで作業出来てしまうのです。

これはお客様にとっても嬉しいことだと思いますし、

うちにとってもサービスの差別化が出来ると思っています。

決して電気業者さんの仕事を奪って、うちでやろうとしているのではありません。

サービスで出来る範囲(10分程度)であれば、うちでやろうと。

そう思った次第です。

建築業界では将来(現在も)人手不足が問題となっていまして、

「多能工」が貴重な人材となっています。*多能工についてはコチラ

賛否両論あると思いますが、

大工が、大工だけの仕事をするだけでは、地元の工務店としては物足りないと思っています。

家には、水道、電気、板金、建具 さまざまな工事で成り立っているのですから、

そういう専門分野を積極的に勉強していなければ、良い「家守り」になれないのではないでしょうか。

弊社のお客様もご高齢の方が増えてきてまして、電球交換もままならない方もいらっしゃいます。

そんな時にでも、気軽に頼める「地域密着の工務店」がウスクラ建設の目標としているところです。

 

今回は珍しく、真面目な文章でした。

 

次はひそかに水道の資格を狙っていますw

カテゴリ:

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ