「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ地震に強い家の構造を浦安市の注文住宅の建設会社が解説します&牡蠣の為の日本酒

地震に強い家の構造を浦安市の注文住宅の建設会社が解説します&牡蠣の為の日本酒

2018年12月20日

「地震が怖いから、頑丈な家に住みたい」
「地震に強い構造の家を知りたい」

注文住宅の建設をお考えの方で、耐震性について気になる方も多いと思います。
いつ起こるかわからない大地震、しっかり対策したいですよね。
地震に強い家を建てるためには、建物の構造について理解することから始まります。
今回は、地震に強い家の構造について解説します。

□3つの構造

地震に強い家の構造は、耐震・制震・免震の3つに分類されます。

*耐震構造
太い柱や頑丈な壁などを利用することにより、建物自体を強化するという構造であり、一般的な地震対策となります。
1981年から施行された新耐震基準で建設された建物の全てが当てはまります。
建物の倒壊を防ぐことはできますが、大規模な修繕が必要となる場合があります。
また、揺れを吸収することはできないため、固定するなどの家具の転倒対策は必須です。
ちなみに、耐震構造は耐震等級が3段階あり、数値が高いほど強固な住宅です。

*制震構造
壁などにダンパーと呼ばれる制震装置を埋め込むことにより、地震の揺れを吸収するという構造です。
建物の倒壊を防ぐことはもちろん、揺れも抑えることができるため、壁のひび割れなどの損傷も防ぐことができます。
制震装置には、電気などの動力を用いて揺れを制御するアクティブ型と、動力を使わないパッシブ型の2種類があります。
制震装置の数にはよりますが、比較的安価に導入することが可能です。
アクティブ型にはメンテナンスが必要ですが、パッシブ型には必要ありません。

*免震構造
地震に対して最も強い構造であるのが、この免震構造です。
建物と地下の基礎が直接固定されないように、間に免震装置を設置する手法です。
免震装置は地震の揺れを吸収するため、建物への揺れをカットすることができます。
家具の転倒も防ぐことができ、室内の被害を抑えることができます。
風揺れの対策もできるという副次的な効果もあります。
しかし、導入コストが高く、メンテナンスも必要となる点がデメリットです。

□まとめ

今回は、地震に強い家の構造を3種類ご紹介しました。
どの構造も地震の対策をしたものであり、強固ではありますが、それぞれメリットやデメリットがあります。
そのため、どれが最も有効であるかは一概には言えません。
建築する土地の地盤を始め、建物の形状・高さ、費用などを総合的に判断すると良いでしょう。
浦安市にあるウスクラ建設株式会社は地震に強い家の施工実績が豊富です。
注文住宅をご検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

おまけに(^^♪

自宅の近所にあるオイスターバー

夫婦揃って牡蠣好きなので、よく行くんですが、

こんな日本酒があるんですね!

A5C52017-E612-45E5-8551-ADFAFB677CAB

【IMA 牡蠣の為の日本酒】

いつもは白ワインですが、

初めて飲んでみると。。。

983F25D8-E9C2-412F-8DE4-AEF9A94B3446

うまい!!!

白ワインにだいぶ近いですが、牡蠣を口に含んだまま飲むと、

牡蠣の為の日本酒と言うだけあって、バッチリ合います(^^)

いやいや、いいお酒を見つけました。

牡蠣好きの方は是非試してみてください。

こちらで購入できますよ。

https://www.imayotsukasa.com/ima/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=ima_shohin

カテゴリ:

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ