江東区の注文住宅・間取りプランのご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区で注文住宅をお考えの方へ|断熱性について2019.05.25

冬はあったかく、夏は涼しい家に住みたい。
誰しもがそう思うはずです。
外がどれだけ暑くても寒くても家の中では快適に過ごしたいですよね。
そんな方におすすめなのが断熱性に優れた家です。
そこで今回は断熱性に優れた住宅を紹介します。

 

□断熱性が高い家のメリット

外の空気の温度は壁や窓を通して家の中に伝わってくるものです。
断熱性の低い家だと外の空気が入ったり出たりが頻繁です。
そのため夏は暑く、冬は寒いといった快適ではない状況が出来上がります。
そこで、外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を採用したりして、断熱性能を高めているのが高断熱な家です。
こうすることで夏は涼しく、冬は暖かくすることができます。

*ヒートショックを防げる

断熱性が高いとヒートショックを防ぐことが出来ます。
ヒートショックとは急な温度変化で血圧や脈拍が変化し、最悪の場合死亡してしまう現象のことです。
高齢者の方によく起こる症状です。
おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らしている方などは特に注意が必要です。
しかし、断熱性に優れた家だと家の中全体の温度が一定になります。
そして温度が安定するためヒートショックの可能性は低くなります。

*環境に優しい

断熱性が高い住宅だと密閉されているため室内の空気を逃がしません。
また外からの熱が伝わりにくいです。
そのため冷暖房の効率がとてもよくなります。
たくさんの冷暖房をつける必要がなくなります。
そのため、光熱費の節約にもなります。
省エネにもつながるため環境にも優しいです。
光熱費が抑えられて地球環境にも優しいとなると一石二鳥ですね。

*防音効果が高い

メリットは気温に関することだけではありません。
断熱性に優れた住宅には防音効果もあります。
断熱性が高いということは密閉された空間ですので音も防いでくれます。
飛行機が上空を通るときなどはすごい音がすると思いますが、窓を閉めてしまえばうるさいと感じることはありません。
飛行機のせいでテレビの音が聞こえないなんてことはないでしょう。
また、逆に家の中の音も外に漏れにくくなっています。
楽器を弾くのが趣味という方や子供にピアノを習わせたいという方には相性抜群です。
住宅密集地でも音が漏れて迷惑だということは起こりにくいでしょう。

 

□まとめ

今回は断熱性に優れた住宅について紹介しました。
誰しもが家の中では快適に暮らしたいと思うものです。
断熱性に優れた住宅のメリットや特徴について理解していただけたと思います。
注文住宅をお考えの方は断熱性に優れた住宅で快適な生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

五代目社長のちょっと一息ブログ