「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ江東区で狭小住宅をお考えの方へ!業者の選び方を紹介!

江東区で狭小住宅をお考えの方へ!業者の選び方を紹介!

2019年2月6日

「江東区で小さな住宅を建てたいけど、どんな業者に頼めばいいか分からない。」

「詳しい業者の選び方があれば知りたい。」

狭小住宅を検討されている方なら業者の選び方に迷われる方がとても多いです
そこで今回は、江東区で狭小住宅を建てる際の業者の選び方について解説します。

□強度や構造が得意な業者を選ぶ

狭小住宅の場合、家が小さいため災害が起こった時のことも考えて強度を強くしたり、しっかりとした構造作りを得意としたりする業者を選びましょう。
また、狭小住宅は上の階と下の階とで床面積が同じなので、その点でも一般の住宅よりも耐震性や構造面を強く意識する必要があります。

□住宅を広く感じさせる業者を選ぶ

狭小住宅はその名の通り住宅の面積も土地も小さいことがデメリットです。
そのため、住宅や住んでいる土地を少しでも広く感じさせる工夫のできる業者を選びましょう。
例えば、日差しや風通しのほか、収納スペースやコンセントの位置などを工夫することができます。
このような工夫をしっかり提案する業者を選ぶことで、住宅の完成後も快適に生活をすることができます。

また、住宅を建設する際に信頼できる技術を持っている業者を選びましょう。
住宅の提案だけでなく、実際の建設でもちゃんとした実績や技術があるとより安心して工事を任せられるでしょう。

□保証やケアをしてくれる業者を選ぶ

次にしっかりとした保障やアフターケアをしてくれる業者を選びましょう。
これは狭小住宅だけでなく一般の住宅にも当てはまることです。
新築で住宅を建てると10年間の保証が業者側に義務づけられます。
生活をしていてもし住宅に不具合や故障が起きた場合、この保証がある業者を選ぶことで迅速に対応してもらえます。

また、アフターケアの充実した業者を選ぶことで、住宅の完成後も暮らしやすい住宅にしてもらえるのでおすすめです。
このような対応は小さなことと思われるかもしれませんが、長く生活していく上ではとても重要です。

□まとめ

以上が狭小住宅の業者の選び方です。
狭小住宅は住宅や建てる土地が一般のものより小さいので一層の工夫が必要になります。
暮らしやすい住宅案を提供する業者を選ぶことで、長期的に見ても安心して生活ができます。
また、保障やアフターサービスの充実した業者選びも忘れないようにしましょう。
この記事を参考にして快適な狭小住宅を検討してみてください。
もし相談したいことや疑問点があればご気軽にお問い合わせください。

カテゴリ:

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ