「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ江東区の狭小住宅なら間取りで風通しも考えよう!

江東区の狭小住宅なら間取りで風通しも考えよう!

2019年1月17日

「江東区で狭小住宅を考えているけど、風通しのことが気になる。」
「風通しが良くて過ごしやすい間取りについて知っておきたい。」

狭小住宅をお考えの方の中には風通しの良し悪しについて心配される方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、狭小住宅でも風通しをよくする間取りのコツを紹介します。

□風の入り口と出口を考える

風通しについて考える際、風の入り口ばかりに気を取られる方が多いです。
しかし、入り口だけでなく風の出口にも気を配った間取りにする必要があるのです。
風の出口を入り口と同じくらいの大きさにすることで、風の出入りが盛んになり風通しがよくなります。
狭小住宅の場合、入り口や出口の大きさ以外に風の吹く向きも想定して部屋の間取りを決める必要があるでしょう。

□吹き抜けを作る

玄関や窓から以外に吹き抜けからの風も意識しましょう。
玄関や窓が横からの風なら、吹き抜けは縦からの風になります。
縦と横で風が行き来することで風通しもよりよくなるでしょう。
また吹き抜けは縦のイメージを強く持ってなるべく上の階に設置することをおすすめします。
そうすることで住宅の中全体に風がいきわたるため、涼しく快適な生活をすることができます。

□風通しの良い建材を使う

住宅を建てる建材を工夫することで風通しを良くすることができます。
例えば、隣に建物があり狭い通路ができている方に縦すべりの窓を設置することがあります。
普通は引き違いのサッシを用いるのですが、これだと正面からの風を捕まえることができません。
そのため、せっかく風の通り道ができても風通しがとても悪くなってしまいます。

設置する際には風の吹く方向と同じ向きにすることがポイントです。
また、横滑りの窓を設置することもポイントとしてあげられます。
自分で窓の開き具合を調整できるので快適な風通しになります。
風の量を調整するだけでなく、空気の入れ替えやプライバシーの保護にも利用できるので一石二鳥となっています。

□まとめ

以上が狭小住宅を建てる際の風通しの良い間取りのコツです。
風通しをよくするには闇雲に窓をつけるのではなく、風をひっかけやすいものを選んだり、風の向きを考慮して吹き抜けや窓を設置したりする必要があります。
いずれにしても住宅を建てる際に少し工夫すればできることなので、今回紹介した間取りをぜひ試してみてください。
今回ご紹介した知識を活かして風通りのよい暮らしやすいお家に住まれてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ