「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ浦安市での注文住宅!二世帯住宅の種類を分かりやすく解説!

浦安市での注文住宅!二世帯住宅の種類を分かりやすく解説!

2019年2月14日

「浦安市で注文住宅を考えているけど、二世帯住宅にどんな種類があるか分からない。」

「各種類の特徴を詳しく知りたい。」

二世帯住宅には複数の種類があることをご存知でしたか?
各種類の特徴を理解することで快適な生活ができます。
そこで今回は、浦安市で注文住宅を検討されている方必見の二世帯住宅の種類について解説します。

□二世帯住宅の種類

二世帯住宅には大きく分けて3つあります。
各種類の特徴を順に見ていきましょう。

*完全同居型

完全同居型は寝室だけ別々に用意して残りの部屋はすべて共有する形式のことです。
この形式にすると、二世帯間で交流する機会が多くなり家族の中が深まります。
また、誰がどこにいるのかも把握しやすくなるので安心して生活をすることができるでしょう。
共有するスペースが多いので、設備面での費用が抑えられるのも良いところです。
一方で二世帯が同じ部屋で生活するため、生活リズムやライフスタイルの配慮が必要になります。
また、プライベートな空間が少ないことも把握しておきましょう。

*部分共有型

これは玄関やお風呂など、一部の設備のみを共有する形式になります。
この形式であれば親と子の世帯でプライベートな空間を確保することができます。
親世帯と同居したいがプライバシーも守りたいという方におすすめです。
また、設備費や建築費を抑えたい場合は共有するスペースを増やすとよいでしょう。
共有するスペースは費用や生活の利便性など、二世帯間でよく話し合って決めてみてください。

*完全分離型

上の2つとは異なり、二世帯間で共有する場所がほとんどありません。
部分共有型よりもプライバシーを保護されることが特徴です。
また、二世帯で暮らさなくなった場合でも、上の階を売りに出したり、賃貸にしたりできるので場所的な自由度が高くなっています。
一方で、各家族に対して必要なものが増えるので、設備費や土地代が多くかかってしまうことには注意が必要です。

さらに、家の中で家族の居場所が分からないこともあるので、部屋に吹き抜けを作るといった工夫が必要でしょう。

□まとめ

以上が二世帯住宅の種類とその特徴になります。
各種類の住宅で異なるメリットとデメリットがあります。
二世帯住宅にする場合には親と子の世帯での連携が必要不可欠です。
どのような住宅にしたいのかこの記事を参考にして、両方の家庭でよく相談してみてください。
もし気になることや疑問点がありましたらご気軽に弊社までお問合せください。

カテゴリ:

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ