江東区の注文住宅・間取りプランのご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

狭小住宅のインテリアの工夫を浦安市の建設会社が徹底解説!2019.02.22

「狭小住宅だけど、おしゃれなインテリアをそろえたい!」
「狭小住宅をインテリアで広く見せたい!」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、おすすめの狭小住宅ならではの空間を有効活用するインテリアの工夫をご紹介いたします。

□インテリアを選ぶ際の心構え

狭小住宅の場合、面積が小さいので極力無駄な家具を置かないことがおすすめです。
「いつか使えそうだから」、「役に立つかも」といったような迷いは捨ててください。
必要十分な家具の中に皆さんのこだわりをすべて詰め込んでください。

□住宅のタイプを見極める

狭小住宅には以下のように二種類あります。
・横幅タイプ
・縦幅タイプ
まずは、皆さんの住宅がどちらのタイプであるかを理解しておくことが大事です。
例えば、横幅タイプの狭小住宅の場合は、ロフトや階段を用いて縦に広く空間をとることで開放感のある広い部屋に見えます。
反対に、縦幅タイプの狭小住宅は、横に広く空間をとることが大切です。

□本棚と食器棚は禁止!?

狭小住宅のインテリアを考えるときに最も注意していただきたいのが、収納スペースについてです。
大きな本棚や食器棚は、床の面積を大きく圧迫します。
狭小住宅にお住いの方は、生活のスペースと収納のスペースを分けないことを心がけてください。
つまり、収納するものもインテリアの一部として扱ってみてください。
ここで活躍するのが壁に作り付けの棚を作ることです。
本棚に無造作にしまってある本も、階段やロフトの壁に付けた棚に飾ってみるとおしゃれな空間が演出できます。
そのほかにも、マグカップやお皿といった調理器具もきれいに飾ることにより飾っているかのように演出できます。

□空間の活用

先ほど紹介した壁に取り付ける棚のように、使っていない縦の空間を利用することが広く見えるインテリアのキーです。
狭小住宅は、床の面積が狭いので窮屈を感じるかもしれませんが、実は思いのほか使われていない空間がたくさんあります。
例えば、ベッドの上や階段の側面を見てください。
空間が余っていますよね。
これを有効に活用しましょう。
ベッドの上や階段の側面などにちょっとした収納スペースを作ってみるのはいかがでしょうか。

□まとめ

以上のように、どんな狭小住宅でも、工夫次第でいくらでも広くおしゃれにみせることができます。
狭小住宅の注文住宅をご検討のお客様はもちろん、狭小住宅をリフォームして広々使いたいというお客様まで、狭小住宅でお悩みのお客様はぜひ弊社にご連絡ください。

五代目社長のちょっと一息ブログ