「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ狭小住宅の収納のコツを江東区の業者が紹介します!&2018仕事納め

狭小住宅の収納のコツを江東区の業者が紹介します!&2018仕事納め

2018年12月28日

「狭小住宅を建てたいけど、物が多すぎてちょっと心配だな」
「洋服やコレクション、全部収納できるの?」

狭小住宅をお考えの方で、このような不安をお持ちの方も多いと思います。
狭小住宅に住み替えるからといって、物は減らしたくありませんよね。
あらゆる工夫やノウハウを取り入れた狭小住宅は、高い収納性能を誇ります。
今回は、そんな狭小住宅の様々な収納のコツを江東区の住宅会社がご紹介します。

□縦の空間を活かす

横の面積が限られた狭小住宅においては、縦の面積をどのように活かすかが勝負です。

*地下室
一般の住宅にはあまりない地下室ですが、狭小住宅においては珍しくありません。
地下室があるだけで、収納性能は格段に向上します。
地下室は比較的大きな物を収納できることがメリットです。
キャンプ用品やスキー用品など、アウトドアグッズや、お雛様やクリスマスツリーといった季節物など、普段は使わないものを収納すると良いでしょう。

*吹き抜け
狭小住宅は、圧迫感を感じさせないために吹き抜けを採用することが多いです。
吊り下げの収納や、フロア全体を吹き抜けた棚を取り付けて本棚やディスプレイにするなど、様々な活用方法があります。

□壁や隙間を活かす

空間を最大限活かすためには、空いているスペースを探しましょう。
壁と壁のちょっとした隙間も扉を取り付ければ、収納スペースに早変わりします。
玄関やキッチン、洗面所など、収納スペースは様々なところにあると便利です。

*飾る収納
壁は飾る収納として最適なスペースです。
隠すだけが収納ではありません。
例えば、調理用具はキッチンの壁に吊り下げると収納スペースも削減できますし、見た目もオシャレです。

*階段下
階段下の隙間はデットスペースになりがちですが、狭小住宅において活用しない手はありません。
階段の形に応じて大小様々な収納棚やクローゼットを設置することができます。
よく使うものを収納しておくと良いでしょう。

*ニッチ収納
壁をくぼませてつくる収納です。
壁が厚い部分に加工することができます。
部屋を狭くすることなく、収納スペースを確保できることがメリットです。
玄関や洗面所などの小物が多い場所に取り付けると効果的です。

□まとめ

今回は、様々な狭小住宅の収納のコツについてご紹介しました。
狭小住宅には、このように様々な収納の工夫やアイデアを取り入れることができます。
収納スペースが多いとその分生活スペースが増えて快適に暮らせます。
江東区にあるウスクラ建設株式会社は、狭小住宅の実績が豊富です。
狭小住宅の建設をご検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

おまけに(^^♪

本日28日をもって、
ウスクラ建設 2018年 仕事納めとなりました。
現場も無事故、社員もケガもなく、無事完走できました!
2019年も、【地域に必要とされる工務店】になるべく精進致します。
ウスクラ建設に関わる全ての皆様、本年は大変お世話になりました。

納会は作業場にて。

F3E23FD1-E1E6-469F-A790-E7E4E91D5673 9CB2181F-C2AC-4080-BB94-77F568F6F084 AA84864C-AC76-4AE7-947F-AAFA4C94FF79 BFEED5D7-93B5-45A8-BBCD-3609BF8FE33F

とりあえず、酔っ払います笑

良いお年をお迎えくださいませ。

1F4C2B4B-D940-4270-9A56-702B174F8A17

カテゴリ:

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ