「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ補助額はいくら?江東区の業者が二世帯住宅の補助金についてご紹介!

補助額はいくら?江東区の業者が二世帯住宅の補助金についてご紹介!

2019年7月3日

最近、両親と一緒に暮らせる二世帯住宅の需要が高まってきています。
二世帯住宅は一般的な住宅と比較して、建築に費用がかかります。
「二世帯住宅を建てる際に補助金はないのかな?」
「補助金の補助額はどの程度なの?」
当然、このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいます。
確かに、少しでも建築費用の足しにできるならば、補助金を申請したいですよね?
今回は、江東区内で二世帯住宅の注文をお考えの方に向けて、二世帯住宅の補助金についてお話しいたします。

□二世帯住宅の補助金

現在、二世帯住宅の補助金は、主に2つあります。
また、これらに加えてお住いの自治体も補助金制度を設けている場合があります。
そちらも確認してみてはいかがでしょうか。

*地域型住宅グリーン化事業

「地域型住宅グリーン化事業」は、国土交通省が行なっている事業です。
この事業では、耐久性に富んだ、省エネルギーな新築の木造住宅の建築に際して、補助金を交付しています。
条件となる住宅とそれに応じた補助金の額は、以下の3つに分類されます。

・「長寿命型」…1戸につき、110万円まで給付。
・「高度省エネ型(低炭素住宅)」…1戸につき、110万円まで給付。
・「高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)」…1戸につき、140万円まで給付。

また、「三世代同居対応」の住宅であれば、さらに30万円が加算されます。
「三世代同居対応」の定義は、キッチン・トイレ・浴室・玄関のうち、2つ以上が住宅内に複数設置されている必要があります。
そして、使用する木材が「地域材」であれば、さらに20万円が加算されます。

*その2:長期優良住宅化リフォーム推進事業

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は、住宅の性能を向上させるためのリフォームに向けて、設けられた補助金制度です。

補助金を受けるための要件は、「工事前の検査の実施」、「劣化対策と耐震性を必ず満たした工事」、「リフォームの履歴と維持保全計画の作成」の3つです。
条件となる住宅とそれに応じた補助金の額は、以下の3つに分類されます。

・「評価基準型」…1戸につき、100万円まで給付
・「認定長期優良住宅」…1戸につき、200万円まで給付。
・「高度エネルギー型」…1戸につき、250万円まで給付。

また、これに加えて三世代同居対応ならば、50万円まで加算されます。

□まとめ

今回は、二世帯住宅の補助金についてお話しいたしました。
「地域型住宅グリーン化事業」や「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に基づく給付金だけでなく、お住いの自治体によるものや「すまいの給付金」もあります。
自らのニーズに合わせて、申請してみてはいかがでしょうか。
当社は、二世帯住宅の施工経験がございます。
また、当社は建築後もお客様に寄り添うことをモットーにしています。
江東区周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

カテゴリ:

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ