HOME五代目社長のちょっと一息ブログブログPM2.5

PM2.5

2013年2月7日

「PM2・5」のPMは「Particulate Matter」という英語の略で、「粒子状の物質」を意味する。2・5は「直径2・5マイクロメートル以下(1マイクロは100万分の1)」を表し、大気中に漂う微粒子の中でもとりわけ極小な物質だ。

 その小ささは、高機能ではない通常のマスクも通してしまうほど。肺の奥まで入りやすく、大量に吸い込むことで肺がん、ぜんそくなどの健康被害を引き起こす懸念が指摘されている。

 環境省によると、主な発生源はボイラーや焼却炉といったすすや煙を発する工場や、自動車の排ガス。中国に限らずわが国でも発生しており、平成21年に国の環境基準(大気1立方メートル当たり1日平均で35マイクログラム以下)が定められた。

 22年度の観測では、住宅地などの「一般大気汚染測定局」のうち、データが得られた34局中で11局しか基準値以下を達成できていない。幹線道路沿いにある「自動車排出ガス測定局」に至っては12局で1局のみ。環境省幹部は「中国からの影響だけでなく国内の問題もある」と話す。

 石原伸晃環境相は8日の記者会見で「専門家の話では現在、環境基準を一時的に超えても、健康被害に直結することは考えにくいのではないか」と指摘。一方で、「黄砂が関東、東北地方まで来るような恒常的な事態を想定し、専門家に指針を策定していただく」と述べた。

最近ニュースで話題になっている、

中国の大気汚染 PM2.5

いい家をつくる会 マツミハウジング 松井祐三社長の著書

だから「いい家」を建てる  では、

発行時の2010年から、

このPM2.5の問題が顕在化することを予想していました。

photo:01
photo:02

家族の安心・安全を守る「家」に求められる性能として、

今後はもっと「換気」がクローズアップされるのでしょうね。

家の中を通風して快適に!というパッシブデザインも素敵な考えですが、

家族の健康を考えると・・・

「涼温換気SA-SHEの家」

時代が求める家づくり。ではないでしょうか。

カテゴリ:ブログ

  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ