江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区在住の方へ!店舗併用住宅のメリットとデメリットとは?2019.08.06

「店舗併用住宅を建てるメリットとデメリットって何だろう?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
店舗併用住宅とは、同じ土地に住居とお店がある住宅です。
人によっては、住居とお店を分けるよりも、合わさった住宅の方が向いている場合もあります。
そこで今回は、店舗併用住宅のメリットとデメリットについてお伝えします。

□店舗併用住宅のメリット

*税金対策になる

店舗併用住宅で挙げられるメリットは、税金対策になることです。
店舗併用住宅だと、条件を満たせば固定資産税や不動産取得税で優遇されることがあります。
また、各設備や光熱費など事業で使うものであれば、経費として落とせることも店舗併用住宅の魅力の1つです。

*店舗の家賃がかからない

店舗併用住宅だと、店舗の家賃が不要です。
自分でお店を開くには、様々な面でお金がかかるため、出来るだけ無駄な出費は避けたいですよね。
しかし、店舗併用住宅なら家賃がかからないため、金銭的にも心理的にも余裕を持ってお店を開けます。

*通勤時間がいらない

店舗併用住宅の意外なメリットは、通勤時間がかからないことです。
自分でお店を開くと、時間の使い方が成功への大きな分かれ道となります。
その中で通勤時間がかからないと、かなり働きやすくなります。

□店舗併用住宅のデメリット

*害虫が出やすい

特に飲食店におけるデメリットは、害虫が出やすいこと。
食品を扱うと、どうしても生ゴミが出てしまうため、害虫が出やすくなります。
害虫が出やすいと、お客さんからのお店の印象が悪くなってしまいます。

*プライベートと仕事の区別が曖昧になる

自宅が職場だと、プライベートと仕事の区別がなくなり、思っている以上に働いてしまうこともあります。
しかし、最近では「仕事とプライベートを分けることなく、睡眠時間以外は仕事であり、趣味である」というワークアズライフの考え方もあります。
そのため、好きなことを仕事にするのであれば、必ずしも悪い側面だけではないでしょう。

□まとめ

今回は、店舗併用住宅のメリットとデメリットについてお伝えしました。
店舗併用住宅におけるメリットは以下の通りです。
・税金対策になる
・店舗の家賃がかからない
・通勤時間がいらない
デメリットは以下の通りです。
・害虫が出やすい
・プライベートと仕事の区別が曖昧になる

当社では、東京都と千葉県を中心に店舗併用住宅を提供しています。
店舗併用住宅に関して何か疑問点があれば、気軽にご相談ください。

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ