江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区在住の方へ!完全分離型の二世帯住宅のメリットとデメリットとは?2019.08.14

「完全分離型の二世帯住宅を選ぶメリットとデメリットって何だろう?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
現在、少子高齢化の不安や不動産取得税と固定資産税の軽減措置の理由で二世帯住宅がますます人気になっています。
しかし二世帯住宅といっても、
・同居型
・部分共用型
・完全分離型
と種類は様々です。
そこで今回は、二世帯住宅の中でも特に完全分離型のメリットとデメリットについてお伝えします。

□完全分離型の二世帯住宅とは

完全分離型の二世帯住宅とは、設備を全く共有しない二世帯住宅のことです。
お互いの暮らしに干渉しないことが前提で作られているため、二世帯の暮らしに慣れてない方でも、比較的ストレスなく生活できます。
完全分離型の例として、以下の方法が挙げられます。
・2階建て以上の建物で、壁で部屋を隔てる
・2階建て以上の建物で、階ごとに世帯を分ける
ここからは完全分離型の二世帯住宅のメリットとデメリットについて説明します。

□完全分離型二世帯住宅のメリット

*親に子供の面倒を見てもらえる

夫婦ともに働いている場合、子供の預け先に悩んでしまうことも多いと思います。
そのような場合、二世帯住宅に住んでいると、両親に子供を見てもらえます。
また、家事をしようとしても子供がいると、進まないこともあるでしょう。
その時は、親世帯の部屋にいてもらうこともできるため、かなり選択肢が増えます。

*税金対策になる

完全分離型の二世帯住宅でも、条件を満たすと相続税に関する「小規模宅地等の特例」が適用されます。
小規模宅地等の特例とは、被相続人と一緒に住んでいた土地を相続するなら、330平方メートルに至っては、80%減額することです。
小規模宅地等の特例が適用されるには、いくつかの条件に当てはまる必要があります。
・敷地の名義が親である
・親と子が同じ棟の建物で暮らしている
他にも条件はあるため、詳しくは国税庁のサイトをご覧ください。

□完全分離型の二世帯住宅のデメリット

完全分離型の二世帯住宅のデメリットは、建築費用が高いこと。
一般的には、単世帯より1.3〜2倍ほどかかります。
しかし、建築費用が高い代わりに、土地代はかからないため、合計費用で見ると安上がりです。

□まとめ

今回は完全分離型の二世帯住宅のメリットとデメリットについてお伝えしました。
主なメリットは以下の通りです。
・親に子供の面倒を見てもらえる
・税金対策になる
また、主なデメリットは以下の通りです。
・建築費用が高い
当社は、東京都と千葉県を中心に注文住宅を提供しています。
完全分離型の二世帯住宅に関して何か疑問点がありましたら、気軽にご相談ください。

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ