「いい家」をつくる会

HOME五代目社長のちょっと一息ブログ20191月

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区の狭小住宅なら間取りで風通しも考えよう! 2019年1月17日

「江東区で狭小住宅を考えているけど、風通しのことが気になる。」
「風通しが良くて過ごしやすい間取りについて知っておきたい。」

狭小住宅をお考えの方の中には風通しの良し悪しについて心配される方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、狭小住宅でも風通しをよくする間取りのコツを紹介します。

□風の入り口と出口を考える

風通しについて考える際、風の入り口ばかりに気を取られる方が多いです。
しかし、入り口だけでなく風の出口にも気を配った間取りにする必要があるのです。
風の出口を入り口と同じくらいの大きさにすることで、風の出入りが盛んになり風通しがよくなります。
狭小住宅の場合、入り口や出口の大きさ以外に風の吹く向きも想定して部屋の間取りを決める必要があるでしょう。

□吹き抜けを作る

玄関や窓から以外に吹き抜けからの風も意識しましょう。
玄関や窓が横からの風なら、吹き抜けは縦からの風になります。
縦と横で風が行き来することで風通しもよりよくなるでしょう。
また吹き抜けは縦のイメージを強く持ってなるべく上の階に設置することをおすすめします。
そうすることで住宅の中全体に風がいきわたるため、涼しく快適な生活をすることができます。

□風通しの良い建材を使う

住宅を建てる建材を工夫することで風通しを良くすることができます。
例えば、隣に建物があり狭い通路ができている方に縦すべりの窓を設置することがあります。
普通は引き違いのサッシを用いるのですが、これだと正面からの風を捕まえることができません。
そのため、せっかく風の通り道ができても風通しがとても悪くなってしまいます。

設置する際には風の吹く方向と同じ向きにすることがポイントです。
また、横滑りの窓を設置することもポイントとしてあげられます。
自分で窓の開き具合を調整できるので快適な風通しになります。
風の量を調整するだけでなく、空気の入れ替えやプライバシーの保護にも利用できるので一石二鳥となっています。

□まとめ

以上が狭小住宅を建てる際の風通しの良い間取りのコツです。
風通しをよくするには闇雲に窓をつけるのではなく、風をひっかけやすいものを選んだり、風の向きを考慮して吹き抜けや窓を設置したりする必要があります。
いずれにしても住宅を建てる際に少し工夫すればできることなので、今回紹介した間取りをぜひ試してみてください。
今回ご紹介した知識を活かして風通りのよい暮らしやすいお家に住まれてみてはいかがでしょうか。

注文住宅の耐震性とは?浦安市の住宅業者が解説します 2019年1月13日

「注文住宅を考えているけど、地震に強い家を建てたい」
「耐震性について詳しく知りたい」

このような考えをお持ちの方も多いと思います。
大地震はいつ発生するかわからないからこそ、注文住宅を建てるなら耐震性について理解することが重要です。
せっかく建てるなら、もしもの時でも家族をしっかり守ってくれる家が良いですよね。
今回は、注文住宅をご検討中の方に向けて、耐震性について詳しく解説します。

□耐震性とは

大きな地震が発生すると、住宅は損害を受けます。
この損害に耐えられる度合いを耐震性といいます。
住宅の基礎を中心に、壁や屋根など、あらゆる箇所を強化することで耐震性を高めることができます。

*耐震基準
耐震性を具体的に基準化したものを耐震基準といいます。
注文住宅は無秩序に建てて良いものではなく、建築基準法によって定められている耐震基準に則って建築しなければなりません。
耐震基準は、1950年に制定された旧耐震基準と1981年に改正された現行の新耐震基準の2種類に分かれます。
阪神淡路大震災や東日本大震災などの大地震で倒壊した住宅の多くは、1981年までの旧耐震基準に基づいて建てられたものでした。
新耐震基準は、震度6や7の地震でも即座に倒壊しないことが定められているため、新しい住宅は比較的安心して住むことができます。

□耐震等級

耐震等級とは、住宅性能表示制度に基づいて2000年に設定されたものです。
3段階に分かれていて、数値が高いほど耐震性も高いです。

*耐震等級1
新耐震基準と同一の値であり、建築基準法で定められた、最低限の耐震性を表しています。
震度6や7の地震が発生した場合、即座に倒壊はしないものの、大規模修繕や建て替えが必要となることが多いです。

*耐震等級2
長期優良住宅認定基準です。
耐震等級1の1.25倍の耐震性があり、大規模な地震でも補修程度で住み続けられることが多いです。
学校などの避難所はこの等級で建てられていることが多いです。

*耐震等級3
こちらも長期優良住宅と認められます。
耐震等級1の1.5倍の耐震性があり、かなり頑丈です。
大規模な地震でも軽い補修で住み続けられることができます。
地震保険も格安で入れることが多い点が特徴です。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい耐震性についてご紹介しました。
注文住宅の耐震性は、大地震の度に進化を遂げてきました。
地震大国である日本で安心して暮らすためには、耐震性の高い住宅を選ぶことが重要です。
浦安市にあるウスクラ建設株式会社は耐震等級3の頑丈な注文住宅を建設を請け負っています。
注文住宅をお考えの方のご相談をお待ちしています。

狭小住宅のメリットとデメリットを江東区の業者が解説します 2019年1月9日

「狭小住宅って実際どうなの?」
「狭小住宅でも快適に暮らせるの?」

このような疑問をお持ちの方も多いと思います。
住宅は高額な買い物だからこそ、しっかりと検討して購入したいですよね。
狭小住宅は、一般の住宅には見られない様々な特徴が存在します。
今回は、そのような狭小住宅のメリットとデメリットについて解説します。

□コスト

狭小住宅は、コストが比較的かからないことが一番のメリットです。
同じ立地環境の場合、土地が狭いほうが広いほうよりも当然安く購入できます。
土地代にかける費用を削減できる分、建物のデザインや性能にお金をかけることができます。
また、敷地が狭い分、不動産取得税や固定資産税などの税金や、建物の光熱費などの維持費も安く抑えることができます。

一方で、土地代は安く済む反面、複雑な構造をしているため建築費は割高になりやすいことがコスト面での唯一のデメリットです。
しかし、その分様々な工夫が施されていますし、防音性能や耐震性能も高く設計されているので安心です。

□立地環境

都市部などの土地代が高い場所でも憧れのマイホームを建てやすいということも狭小住宅のメリットです。
立地が良い場所に住むと、通勤や通学にかかる時間やお金を削減できます。
例えば、もし通勤に往復1日2時間かかるとすると、年間で約500時間の損失になります。
都市部に安く住むというライフスタイルは、人付き合いや趣味にかけられる自由な時間を増やすことにも繋がります。
また、立地が良い土地は資産価値も高い傾向にあります。
建物と違って、土地の資産価値は下がることがないので一等地を取得してみることも良いでしょう。

□間取り

狭小住宅は、土地が限られている分間取りも狭くなりがちなことがデメリットです。
しかし、ただ単に狭いだけの狭小住宅は避けた方が良いでしょう。
狭小住宅は、仕切りをできるだけ少なくする、壁全体を収納スペースにするなど、狭さを感じさせない様々工夫を施すことができます。
また、コンパクトな空間は、移動や掃除も少なく快適に暮らすことができます。
このように、狭小住宅は施工の工夫次第でデメリットをメリットに変えることができます。

□まとめ

今回は狭小住宅の特徴について、ご紹介しました。
ご自身のライフスタイルに合わせた自由な空間を実現できることが大きなメリットです。
狭小住宅は、施工が重要な要素となりますので、実績豊富な業者に依頼すると安心です。
江東区にあるウスクラ建設株式会社は、都心部の狭小住宅の施工に定評があります。
ご相談をお待ちしております。

狭小住宅を建てるときの注意点を江東区の業者が解説します&住み心地体感ハウス 2019年1月5日

「狭小住宅を建てたいけど、何に注意すればいいのかわからない。」
「狭小住宅でも少しでも広く建てたい」

このようにお考えの方も多いと思います。
高価な買い物である住宅だからこそ、建てる前にしっかり検討したいですよね。
今回は、狭小住宅を建てる前に知っておきたい注意点をご紹介します。

□間取りにおける注意点

*生活スペース
狭小住宅は横に使える面積が限られているため、2階建てや3階建てにするなど、縦の空間を有効活用する必要があります。
注意点として、生活動線を意識することが挙げられます。
階段の上り下りが多い間取りは、快適さを損ないます。
買ってきた食材をすぐに冷蔵庫に入れられるようにキッチンは1階にする、3階にもトイレを設置するなど、生活することをイメージした間取りづくりをしましょう。

*収納スペース
狭小住宅は生活スペースの確保に目がいきがちですが、収納スペースもある程度確保する必要があります。
物が収納に納まりきれなかったり、必要以上に収納家具を購入してしまうと、生活スペースを圧迫することに繋がります。
収納スペース不足に陥りやすい狭小住宅は、床下収納や壁面収納など、様々な収納の工夫を施した間取りづくりをしましょう。

□建築における注意点

*コスト
狭小地に建てるため、土地代は安く抑えられるというメリットがある反面、建築費は比較的高くなる傾向にあります。
理由として、狭小住宅は土地を最大限活かすために地下室や3階など、複雑な構造で建てることが多く、その分コストがかかるからです。
また、土地のスペースが限られているため、資材置き場を確保できない場合や足場の設置が難しい場合は、資材搬入や工事にかかる人件費などが高くなることもあります。

*防音
土地を最大限使って建てる狭小住宅は、隣家との距離が数十センチしかないというような場合もあり、騒音問題が発生する可能性があります。
他の家からの騒音に悩まされないことに加えて、自分の家から音を漏らさない配慮も必要となります。
よって、遮音性能の高い建材を使用するなど、防音対策はしっかり施しておく必要があります。

*防災
2階や3階など縦長になりがちな狭小住宅は、地震や強風にも強い造りである必要があります。
安全面の確保は住宅において重要です。
耐震強度が強い鉄骨やRC造の狭小住宅がおすすめです。

□まとめ

今回は、狭小住宅を建てる前に知っておきたい注意点をご紹介しました。
高性能な狭小住宅は施工業者の腕が問われます。
実績のある信頼できる業者に依頼すると安心です。
江東区にあるウスクラ建設株式会社は狭小住宅のノウハウが豊富です。
狭小住宅をご検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

おまけに(^^♪

本日より2019仕事はじめ

寒い日が続いています。

浦安にある【住み心地体感ハウス】も今日明日で4組のお客様をご案内予定!

8E48FA0E-7E74-408D-A64D-973071EF2AEF

この寒い時期に是非体感して頂きたいですね!

小屋裏エアコン1台で家中温度差が無くて快適です(^^)

見学のお申込みはこちらからお願いします!

http://www.usukura-kensetsu.co.jp/rentalhouse/

2019仕事はじめ 2019年1月5日

新年あけましておめでとうございます。

 本日1月5日より2019仕事始めとなります。

ウスクラ建設も皆々様方のお陰をもちまして、創業136年目(法人設立49年)の新年を迎えることが出来ました。これもひとえにお客様からいただくご愛顧の賜と、心より感謝いたしております。

本年もお一人おひとりのお客さまを大切にし、地元地域の皆様、顧客の皆さまより必要とされる【かかりつけ工務店】になるべく精進してまいりますゆえ、より一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

本年も皆様方のご健康とご多幸をお祈りしております。

集合写真

社員一同

 

注文住宅で気密性は重要です!その必要性を浦安市の業者が解説&2019元旦 2019年1月1日

住宅を建てる際に、気密性を意識される方は多くはありません。
しかし、快適な住まいの実現には、気密性は重要な要素となります
今回は、注文住宅をお考えの方向けに、高気密の住宅の必要性を解説します。

□気密性とは

住宅の密閉度合いのことであり、延べ床面積あたりの隙間の合計面積で表すことができます。
気密性の高い住宅ほど外気の影響を受けにくく、気密性が低い住宅ほど外気の影響を受けやすいです。

□高気密の住宅の特徴

*空調効率
気密性が低い住宅は、外気の影響を受けやすいため、夏は暑く冬は寒い住宅になってしまいます。
この場合、エアコンなどで温度管理を行っても空気が隙間から外部に漏れてしまうため、エネルギー効率が悪いです。
高気密の住宅は、空調を使用した場合、暖めた空気や冷やした空気を外部にほとんど逃がさないため、少しのエネルギー量で快適な温度を保つことできます。
そのため、光熱費も安くなってお得です。

*遮音性能
高気密の住宅は、遮音性能が高いです。
外部の音を聞こえにくくするだけでなく、自宅の生活音も漏らさないため、騒音問題の対策にもなります。
交通量の多い道路に面している住宅や、隣家との距離が近い狭小住宅は、高気密の住宅を建てると安心です。

*住宅寿命
冬場は外気と室内の温度差によって、湿気が結露しやすくなります。
気密性が低い住宅は、壁の内部に湿気が侵入してしまうため、目の届かない壁内部で結露が発生してしまいます。
結露によって生じた水分を放置することで、建材は腐敗しやすくなります。
よって、長寿命の住宅を建てるためには、気密性の確保が重要な要素となります。

□高気密の注文住宅を建てるには?

*建材
寸法差の少ない高品質の建材を使用することで、隙間面積を減らし住宅の気密性を高められます。
また、気密シートや気密テープで隙間を塞ぐことも有効です。
注文住宅はこのような建材についても、自由にオーダーできることがメリットです。

*技術
業者の施工技術も重要です。
隙間の少ない住宅を建てることは、容易なことではありません。
気密性についてのノウハウや施工実績が豊富な業者ほど、高気密の住宅を建てることができます。
実績のある業者に依頼すると安心です。

□まとめ

今回は、注文住宅における気密性について解説しました。
高気密の住宅は、快適に暮らすことができます。
浦安市にあるウスクラ建設株式会社は高気密の住宅づくりに実績があります。
注文住宅をご検討中の方のご相談をお待ちしております。

 

おまけに(^^♪

2019 新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ、宜しくお願い致します。

初詣は妻の実家近くの茨城県鹿島神宮へ

DA6409B8-28C9-4D20-81F5-5C3F73AD8E57 4AA64B5B-B787-4087-8A0C-18B77BAC562A 84386842-A170-49C8-9D60-E5C1B082D9A0

 

おみくじを引くと、

BFDCDA38-9453-4E4E-8F40-B00D8A942034 60F1FC6E-183E-4F21-A8BF-18D4484EE995

なんと大吉!

【願い事 遂に叶う】

何のことだろう!笑

気持ちのいい元旦を迎えることが出来ました!

314D4741-484E-4C0E-A6F9-36B3D6887BB6 C4438DE1-683B-415F-9B6C-670155C34148

1 / 11
  • ご相談・お問い合わせ
  • 資料請求
  • イベント情報

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ