江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

スタッフブログ

江東区 サッシの取替え2020.05.21

皆様こんにちは!

ウスクラ建設の海老原です。

先日、江東区南砂にあります【藤崎病院】のお医者様事務所の工事を行いました。

主に内装工事がメインでしたが、今回は取付けが難しかった、サッシ部分についてお話をしようかと思います。

病院様のご希望で多忙な先生方のため、今あるサッシの部分を引き戸(出入り口)に変えたいとのご要望でした。

上の写真は工事前の建物になります。

サッシが2カ所ありますが、手前側のサッシが出入り口予定のサッシです。

今回の工事にあたり、ここのサッシ→引き戸(出入り口)取付けが一番の難関でした。

ポイントとしては大きく4点あります。

1.既存のアルミ三方枠はサッシ専用の枠なので、外したときに引き戸の枠寸法が壁面に合うか。

2.敷居(上がり部分、枠の下面レール)が引き戸タイプに合うか。

3.枠を外した時の両枠、上枠外、壁の損傷

4.外した時の室内側壁の補修(壁紙クロス)

一見、外して取替えるだけの作業になりますが、大まかな注意点だけで4点もあり、

取り外してみないと構造が分からない未知な部分もありました。

余談ですがこちらは築50年の鉄骨造になります。

↓の写真が外した時の写真になります。

内側の壁は影響を受けることなく、取り外すことができました。

特注で取り寄せた新しい引き戸の枠が大きかったので、左側に見えるエアコンの配管を一時外し、手前にずらしました。

今回の引き戸は組み立て式となり、解体→組み立て→取付け→補修(壁等)までを、防犯や、通り風防止のため、

1日で終わらせなければいけないので時間との勝負でした。

↓が取付け後の写真です。

少し分かりづらいですが、エアコンの配管も手前にズラし、枠に接続する壁も補修いたしました。

 

今回、新規引き戸枠のサイズが大きかったことはありましたが、予想の範囲内でした。

また、内装側の壁には影響もなく、外側の枠も大きな補修をせずに済みました。

とはいえ、簡単な工事ではなかったので、ここまでを一人で施工した丸山大工にはお疲れ様でした!と言わせていただきます。

このように、一見簡単そうに見える工事が実は難しかったり、お費用も予想以上に掛かったりすることがございます。

今はネットで商品の値段は出てきますが、細かな工賃までは中々見えてこない部分があります。

そのような時は是非一度お近くの工務店などにご相談されてみてください(^^)!

もちろん、弊社にご相談いただけるのが一番嬉しいですが…笑

それでは本日はこちらで失礼いたします(^^)/

 

スタッフリレーブログ