江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

スタッフブログ

江東区 全面リフォーム2020.09.24

皆さんこんにちは!

ウスクラ建設の海老原です!

前回に引き続き、リフォームのbeforeとafterを紹介したいと思います。

今回はキッチンについてご説明をさせていただきます。

 

元から使用されていたキッチンは前面が壁になっており、LDKでありながらキッチン部分は孤立していた造りでした。

今回、お客様のご要望として、お子様が遊んでいる姿を常に確認できるよう、開放的にしたい。

とのことでしたので、まずは既存で取付けてあった天井から落ちている壁を取っ払うことにしました。

↑元のキッチン 収納棚を支えるために天井から壁が落ちています。

↑リビング側からみたキッチン 軽量鉄骨が立っている所から天井横まで壁があったので解体しました。

 

上部の写真では解体中の写真となりますが、翌日には綺麗に軽量鉄骨や露出した配線も処理しました。

解体が終わり、次にキッチンの床下にあった給排水工事を行いました。

左から給水管、給湯管、ディスポーザー用配管、排水管になります。

 

キッチンの取替えにおいては、キッチンの撤去前に、給排水の止水、またガス管の閉め工事を行い、

撤去後に新しいキッチンの給排水管の取付けを行います。

また、古いキッチンを撤去した後の床は痛んでいることや、フローリング付いていないことが多いので、

必ず「下地処理」という、床の造作行程を挟みます。

ここまできたら、後はキッチンを取付けるだけになります。

↑新しいキッチン 開放的にするために、あえて天井付けの収納棚は取付けておりません。

↑キッチン側からみた風景

今回取付けたキッチンはLIXILの「リシェルSI」というハイグレードキッチンになります。

換気扇の前面には油の飛散を防ぐ、ガラスガードを取付けております。

また、その横にはキッチンタイルを新しく張替えました。

 

以上がキッチンのbefore、afterになります。

余談ですが、最近ではオプションで水洗部分がセンサー式になっているタイプもあります。

よく触れる部分だからこそ、今の時代需要が高まってくるかも知れませんね(^^;)

今回はフルリフォーム中でのキッチンの取替えですが、もちろんキッチンのみの交換も承っております。

現地調査から御見積もりまでは無料で実施しておりますので、

もしキッチンの取替えをご検討されている方は、ウスクラ建設 海老原までお問い合わせくださいませ(*^_^*)

 

次回もbeforeとafterの記録を掲載させていただきますので、またお時間があるときにでも覗いていただけますと幸いです(^^)

それでは(^^)/

スタッフリレーブログ