江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区で注文住宅を検討中の方へ!和モダンな外観にする際のポイントを紹介します!2019.11.06

「注文住宅の購入を検討中だが、外観の決め方がわからない…」
「外観はスタイリッシュで落ち着きのある和モダンにしたい!」
「和モダンな外観にするには、何に気をつけるべき?」

理想のマイホームを実現しようと思うなら、やっぱり自分で自由に設計できる注文住宅ですよね。
特に住宅の顔とも言える外観は、おしゃれにしたいと誰もが思うものです。
近年日本では、白や黒、濃い茶色の「和」を感じさせる外観に、「現代風のシャープさ」を取り入れた和モダンなデザインの人気が高まっています。
そのため、和モダンな外観についてこのようなお悩みをお持ちの方も多いです。
そこで今回は、注文住宅のプロが、外観を和モダンにする際のポイントについてご紹介します!

 

□和モダンな外観の家づくりをする際に注意するべきポイント

 

*土壁は定期的な塗り直しを!

土壁は、壁が乾いていく間に土が縮んでひび割れを起こす可能性があります。
これは、定期的な土壁の塗り直しによって修復できるので、こまめなメンテナンスを心がけましょう!

 

*防音の壁でプライバシーを確保

「和」を象徴する襖や障子ですが、これらは音漏れの心配があり、各部屋のプライバシーを確保するのが難しいです。
そのため、家の中でもしっかりプライバシーを確保したい場合は、部屋によって襖や障子の使い分けをしたり、重みのある扉や防音の壁を使用したりして対応しましょう!

 

*家具の色選びは慎重に!

和モダンな空間をより魅力的に演出するには、家具は落ち着いた色やデザインで、高さが低いものを選び、統一感を持たせるのがポイントです。
赤や黒、緑などは主張が強いため、和モダンな住宅では控えましょう。

 

□和モダンな外観デザインのポイント

 

*木を存分に使う昔ながらのデザイン

赤みのある木を全体的に使用する数奇屋風の木造住宅には重厚感があり、木や岩でできた和風の庭園がピッタリです。
自宅に茶室や庭園を設けたい方には特にオススメです!

 

*窓の多い明るいデザイン

大きな一枚屋根を用いる和モダンな住宅にする場合は、窓を多めに設置すると室内が明るい雰囲気になります。
自然との調和をテーマにした和モダンな住宅を建てたい方は、ぜひご検討ください!

 

□まとめ

以上、今回は注文住宅で外観を和モダンにする際のポイントについてご説明しました。
外観を和モダンにする際に、あらかじめ考慮し、工夫するべき点をご理解いただけたのではないでしょうか?

当社は、江東区を中心に注文住宅を承っております。
ご依頼いただいた全てのお客様のために、「笑がおの家ものがたり」を育めるよう、出会いから完成、そして一生続くアフターメンテナンスまで、スタッフ一同誠心誠意尽くします。
注文住宅をご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

お役に立つコラム