江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区の方へ!中古住宅のリノベーションの失敗例とは!?2019.12.25

「リノベーションの失敗例を教えてほしい!」
「リノベーションを成功させるにはどうすればいいのだろう。」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションすることは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、リノベーションで失敗するか不安な方は多いと思います。
しかし、失敗例を参考にすることで、失敗する確率を下げられます。
そこで今回は、中古住宅のリノベーションの失敗例を紹介します。

□中古住宅のリノベーションの失敗例

*目的がない

「おしゃれな住宅にしたい!」「暮らしやすい住宅にしたい!」などの目的を持ち、リノベーションする方が多いです。
しかし、それだけでは数年後に飽きる可能性があります。
飽きないためには、最終的に家をどうしたいのか目的を持つことが大切です。
例えば、「子育てしやすい住宅にしたい!」「将来的に貸し出したい!」などです。

*予算設定を間違う

予算をなんとなく決めてしまう方がいらっしゃいます。
しかし、予算はなんとなくで決めず、客観的に決めることが大切です。
その理由は、将来に必要になる子どもの学費や老後の資金にしわ寄せがくるからです。

*業者選び

業者を選び間違えると、あとで後悔する可能性が高いです。
そのため、依頼する予定の業者がどのような業者がしっかり調べることが大切です。
後悔したくない方には、ワンストップリノベーションシステムの業者をおすすめします。
ワンストップリノベーションシステムとは、物件探しから引き渡しまで、1つの窓口で全てサポートするシステムです。

*イメージと異なる

完成した住宅がイメージしていたものと異なる場合があります。
しかし、完成してからできることは限界があるため、完成前に対策する必要があります。
この失敗を回避するためできる対策には、設計士や現場監督から定期的に現場の画像を送ってもらうことがおすすめです。
また、現場に行き、職人に差し入れすることもおすすめです。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
リノベーションだけではなく、物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、中古住宅のリノベーションの失敗例を紹介しました。
この記事を参考に、中古住宅をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
上記の通り、当社は中古住宅のリノベーションを提供しています。
「リノベーションについて相談したい!」という方や「物件探しからサポートしてほしい!」という方は、当社にお問い合わせください。

お役に立つコラム