江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区の方必見!中古住宅のリノベーションにはいくらぐらいの費用がかかるの?2020.01.10

「リノベーションっていくらぐらい費用がかかるの?」
「費用によってできるリノベーションの例を知りたい!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションすることは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、リノベーションにかかる費用がいくらぐらいかわからない方が多いと思います。
しかし、かかる費用がわからないと不安ですよね。
そこで今回は、中古住宅のリノベーションにいくらぐらいの費用がかかるのか解説します。

□リノベーションにかかる費用

中古住宅のリノベーションにかかる費用は、内容によって異なります。
今回は、3つのリノベーションにかかる費用について解説します。

*間取りの変更

間取りの変更は、生活動線で不便に感じている場合に行うことが多いです。
例えば、壁を取り除き、キッチン、ダイニング、リビングをLDKとして1つにするなどです。
また、新しく壁を作る場合も間取りの変更に当てはまります。
例えば、1つの部屋を2つの部屋に分けたり、ロールカーテンを設置したりするなどです。
壁を取り除く費用は10~70万円で、クロスの張り替えなどを行う場合は高くなる場合もあります。
一方で、壁を作る費用は5~35万円で、どんな壁にするかによって費用は異なります。

*外装

見た目の変化だけではなく、防音性や断熱性を高めるために、外装のリノベーションを行うことが多いです。
費用は20~300万円とかなり幅があり、その理由は塗装するかしないかで大きく異なるからです。
費用は塗装する場合は80万円以上すると考えておきましょう。

*耐震性

耐震性は、中古住宅を購入した場合に気になることの1つだと思います。
耐震性を高めるリノベーションにかかる費用は、140~160万円です。
また、ポイントを絞って補強することで、費用を少し安く抑えられます。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、中古住宅のリノベーションにいくらぐらいの費用がかかるのかについて解説しました。
この記事を参考に、中古住宅をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
上記の通り、当社は中古住宅のリノベーションを提供しています。
「リノベーションの費用について相談したい!」という方や「物件探しからサポートしてほしい!」という方は、当社にお問い合わせください。

お役に立つコラム