江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区で中古住宅をお考えの方へ!床暖房のリフォームについて紹介!2020.02.06

「自分の家にも床暖房を取り入れてみたいな。」
「リフォームして、手軽に暖房をつけてみたい。」
このようなお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
床暖房のリフォームについて、詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、床暖房のリフォームについてご紹介します。

 

□床暖房のリフォームをする方法

主に床暖房には、電気を用いる方法と、温水を用いる方法があります。
一般的に、リーズナブルとされているのは、電気式の床暖房ですが、光熱費を抑えたいのであれば、温水式床暖房が効果的とされます。
電気式床暖房は、狭い範囲でも設置でき、初期費用としては比較的安価なものが多いことが強みとなります。
また逆に、温水式床暖房は、暖房効果が高く、ランニングコストが低いという強みがあります。
その中でも、ヒーター式や、蓄熱式など、床暖房はいくつかの方法に分類されています。
たくさんの種類がありますが、設置方法としては主に2つの方法が用いられています。

*床材の上に設置する

元々ある床材の上から、床暖房を設置する方法が一つとして挙げられます。
この方法は、元々の床の上に上記で紹介したヒーター式の床暖房や温水床暖房を設置し、専用の床材を重ねる方法となります。
設置方法としてはお手軽で簡単なので、工事期間も短く抑えられます。

*床を剥がして設置する方法

もう一つの方法として、今ある床材を剥がして、新たにその場所に床暖房を設置する方法が挙げられます。
こちらは、今ある床にそのまま設置する訳ではないので、デザイン性や仕上げのバリエーションに幅ができます。
間取りの設定も自由で、非常に融通の利く方法ですが、その分費用も所要時間もかかります。
これらの2つの方法は、それぞれ用途や方向性がはっきりとしているので、自分の目的に合った床暖房選びができるといいですね。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、床暖房のリフォームについてご紹介しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ中古住宅のリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

お役に立つコラム