江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

お役立ちコラム

江東区の方へ!中古住宅のリノベーションの注意点とは!? (2019年12月29日)

「中古住宅のリノベーションの注意点を知りたい!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅をリノベーションすることは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、リノベーションの注意点がわからない方が多いと思います。
しかし、注意点がわからないと、後悔する可能性が高いです。
そこで今回は、中古住宅のリノベーションの注意点について解説します。

□中古住宅のリノベーションの注意点

*断熱性を高める

現在の住宅では、断熱材が入っていることが当たり前です。
しかし、築20年以上の住宅には断熱材が入っていないことがあり、中古住宅のリノベーションをする際は、断熱性を高める方が多いと思います。
断熱性を高める工事は、床や壁を剥がす必要があります。
床や壁を剥がすと大工事になるため、後から行うと余計な費用と手間がかかります。
そのため、断熱性を高めたい場合は、床や壁を剥がすリノベーションと同時に行うことがおすすめです。

*耐震性を高める

耐震基準法は大地震が起きるたびに改正されるため、いつ建てられたかによって耐震基準が異なります。
以下に、耐震基準法が改正された年と耐震性を高めるべきか紹介します。
・2000年以降:震度7の地震に耐えられるため、耐震性を高める必要はない
・1981年以降:住宅によって差があるため、耐震診断することがおすすめ
・1981年以前:旧耐震基準で建てられているため、耐震性を高める必要がある
もし不安な場合は、耐震診断をして耐震性を確認しましょう。

*構造を確認する

リノベーションする際に構造はとても重要です。
その理由は、構造によっては、希望通りにリノベーションできない可能性があるからです。
例えば、部屋を広くできなかったり、吹き抜けを作れなかったりなどです。
そのため、購入前に業者に相談することがおすすめです。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
リノベーションだけではなく、物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、中古住宅のリノベーションの注意点について解説しました。
この記事を参考に、中古住宅をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
上記の通り、当社は中古住宅のリノベーションを提供しています。
「リノベーションについて相談したい!」という方や「物件探しからサポートしてほしい!」という方は、当社にお問い合わせください。

江東区の方へ!中古住宅のリノベーションの失敗例とは!? (2019年12月25日)

「リノベーションの失敗例を教えてほしい!」
「リノベーションを成功させるにはどうすればいいのだろう。」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションすることは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、リノベーションで失敗するか不安な方は多いと思います。
しかし、失敗例を参考にすることで、失敗する確率を下げられます。
そこで今回は、中古住宅のリノベーションの失敗例を紹介します。

□中古住宅のリノベーションの失敗例

*目的がない

「おしゃれな住宅にしたい!」「暮らしやすい住宅にしたい!」などの目的を持ち、リノベーションする方が多いです。
しかし、それだけでは数年後に飽きる可能性があります。
飽きないためには、最終的に家をどうしたいのか目的を持つことが大切です。
例えば、「子育てしやすい住宅にしたい!」「将来的に貸し出したい!」などです。

*予算設定を間違う

予算をなんとなく決めてしまう方がいらっしゃいます。
しかし、予算はなんとなくで決めず、客観的に決めることが大切です。
その理由は、将来に必要になる子どもの学費や老後の資金にしわ寄せがくるからです。

*業者選び

業者を選び間違えると、あとで後悔する可能性が高いです。
そのため、依頼する予定の業者がどのような業者がしっかり調べることが大切です。
後悔したくない方には、ワンストップリノベーションシステムの業者をおすすめします。
ワンストップリノベーションシステムとは、物件探しから引き渡しまで、1つの窓口で全てサポートするシステムです。

*イメージと異なる

完成した住宅がイメージしていたものと異なる場合があります。
しかし、完成してからできることは限界があるため、完成前に対策する必要があります。
この失敗を回避するためできる対策には、設計士や現場監督から定期的に現場の画像を送ってもらうことがおすすめです。
また、現場に行き、職人に差し入れすることもおすすめです。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
リノベーションだけではなく、物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、中古住宅のリノベーションの失敗例を紹介しました。
この記事を参考に、中古住宅をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
上記の通り、当社は中古住宅のリノベーションを提供しています。
「リノベーションについて相談したい!」という方や「物件探しからサポートしてほしい!」という方は、当社にお問い合わせください。

江東区の方へ!戸建ての中古住宅のリノベーション例を紹介します! (2019年12月21日)

「中古住宅のリノベーションの例を教えてほしい!」
「他の人はどんなリノベーションをしてるのかな。」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションすることは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、どんなリノベーションをするか迷う方が多いと思います。
そこで今回は、戸建ての中古住宅のリノベーションの例を紹介します。

□中古住宅のリノベーションの例

*間取りを変更する

間取りを変更することは、生活動線が不便だと感じている方が行うことが多いです。
例えば、壁を取り除き、キッチン、ダイニング、リビングをLDKとして1つにするなどです。
また、新しく壁を作ることも間取りの変更に当てはまります。
例えば、1つの部屋を2つの部屋に分けたり、ロールカーテンを設置したりするなどです。

*外装をきれいにする

主な例は、パネルを重ね張りする方法です。
見た目の変化だけではなく、防音性や断熱性も高められます。
また、屋根を新しくすることで、住宅の寿命を長くできます。
そして、塗料が剥がれていたり、外壁の汚れが目立っていたりする場合は、塗装することもあります。
その場合は、費用が高くなることを承知しておきましょう。

*耐震性を高める

自然災害が多い日本では、耐震性が気になる方が多いと思います。
耐震性を高めるには、壁を耐力壁にしたり、柱の接合部を補強したりします。
耐震性を高める際にポイントを絞って工事することで、費用を安く抑えられます。

*バリアフリーにする

名前の通り、住宅内の段差を取り除くことです。
また、廊下やお風呂に手すりをつけることも含まれます。
現在は必要ない場合でも、老後のことを考えて、リノベーションする方もいらっしゃいます。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
リノベーションだけではなく、物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、戸建ての中古住宅のリノベーションの例を紹介しました。
この記事を参考に、中古住宅をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
上記の通り、当社は中古住宅のリノベーションを提供しています。
「リノベーションについて相談したい!」という方や「物件探しからサポートしてほしい!」という方は、当社にお問い合わせください。

江東区の方へ!中古住宅のリノベーションで利用できるローンとは!? (2019年12月17日)

「リノベーションする際に利用できるローンを教えてほしい。」
「中古住宅の購入費用も同時にローンを組めるのかな。」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションすることは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、リノベーションする際に利用できるローンを知らない方が多いと思います。
しかし、リノベーションにかかる費用を現金で持っている方は少なく、ほとんどの方はローンを利用します。
そこで今回は、中古住宅をリノベーションする際に利用できるローンについて解説します。

□利用できるローンとは

中古住宅を購入してからリノベーションする場合は、住宅ローンでリノベーションにかかる費用を借り入れられます。
もし、中古住宅の購入費用とリノベーションにかかる費用を別で住宅ローンを利用すると、手数料が2重でかかることになり、無駄です。
また、中古住宅の購入費用とリノベーションにかかる費用の両方を返済できるか審査されるため、審査に落ちる場合もあります。
そのため、中古住宅の購入費用とリノベーションにかかる費用を同時に借り入れることをおすすめします。

□中古住宅の購入で住宅ローンを利用する注意点

*借入期間が短い

新築の場合に比べて、借入期間が短いことがあります。
その理由は、審査では住宅の耐久性が判断されるからです。

*借入金額の上限が低い

新築の場合に比べて、借入金額の上限が低いことがあります。
その理由は、借入金額の上限は担保の価値に左右されるからです。

*余裕を持って申請する

新築の場合は、住宅が完成するまで時間があります。
しかし、中古住宅の場合は、売主によっては1カ月ほどで引き渡されることもあります。
そのため、検討期間が短いことを頭の中に入れておきましょう。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
リノベーションだけではなく、物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、中古住宅をリノベーションする際に利用できるローンについて解説しました。
この記事を参考に、中古住宅をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
上記の通り、当社は中古住宅のリノベーションを提供しています。
「リノベーションについて相談したい!」という方や「物件探しからサポートしてほしい!」という方は、当社にお問い合わせください。

江東区で中古住宅を検討されている方へ|リフォームにかかる費用について解説! (2019年12月15日)

「中古住宅を購入して、リフォームを考えている…」
「そもそも、リフォームにかかる費用の内訳ってどうなっているのだろう…」
そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
最近では、中古住宅を購入して、そこからリフォームをするという家づくりも増えてきました。
皆さんの中にも、中古住宅のリフォームをお考えの方もいらっしゃるでしょう。
やはり、その際に気になるのが、リフォームにかかる費用です。
そこで今回は、江東区で中古住宅を検討されている方へ、リフォームにかかる費用について解説していきます。

 

□リフォームにかかる費用とは?

リフォームにかかる費用を考えるうえで、どのような内訳になっているのか気になりますよね。
リフォームにかかる費用の内訳は、次の2つに分けられます。

*工事にかかる費用

工事にかかる費用には、材料費や人件費、諸経費があります。
これらの費用は、リフォームする場所や細かなオーダー、目的によって変わってきます。
例えば、中古住宅を購入して、リフォームを行う場合の費用の相場は、約500~600万円です。
一方で、部分的なリフォームとして、キッチンやリビングのリフォームを行う場合は、約100~150万円の相場となっています。

*工事以外にかかる費用

リフォームにかかる総費用を考えると、工事自体にかかる費用だけとは限りません。
なぜなら、リフォームをしている間の仮住まいや引っ越しにかかる費用など、工事以外にかかる費用も発生します。
大規模なリフォームをお考えの方は、工事以外にかかる費用の資金計画も考えておきましょう。

 

□リフォームの費用を抑える方法とは?

リフォームにかかる費用は、決して安いものだと言えませんよね。
やはり、できるだけ費用を抑えたいという方も多くいらっしゃるでしょう。
リフォームにかかる費用を抑える方法の一つとして、まとめてリフォームを行うということが挙げられます。
特に、水回りのリフォームや屋根と外壁といったリフォームはまとめて行うことで、費用が抑えられるのです。
屋根と外壁をリフォームする場合には、足場が必要になります。
もし、これらを2回に分けてリフォームした場合、足場にかかる設置費用も2倍になります。
リフォームには、それぞれタイミングがあると思いますが、できるだけまとめてリフォームすると費用面でお得になるということを覚えておくと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅を検討されている方へ、リフォームにかかる費用について解説しました。
リフォームにかかる費用について事前に知っておくことで、より良い資金計画を立てられます。
ぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。
また、ウスクラ建設株式会社では、一級建築士などの国家資格をもつ住まいのプロが、リフォームを手掛けています。
もし、リフォームをご検討の方がいらっしゃいましたら、一度、当社までお気軽にご連絡ください。

江東区で中古住宅をお考えの方へ|場所別のリフォーム費用をご紹介します! (2019年12月11日)

「中古住宅のリフォームを検討しており、費用が気になっている…」
「場所別のリフォームの費用を知りたい!」
そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
やはり、リフォームをするとなると、気になるのは費用ですよね。
リフォームをすることで、安心安全で快適な住まいを手に入れられるが、その分お金が必要になるものです。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方へ、場所別のリフォーム費用をご紹介していきます。

 

□場所別のリフォーム費用とは?

中古住宅を購入して、リフォームを検討されている方は、築年数によってリフォームする場所は変わってくるでしょう。
もちろん、リフォームにかかる費用は、場所によって大きく変わります。
では、具体的にどのくらいの費用になるのか、場所別でいくつか挙げてみたいと思います。

*キッチン

中古住宅では、当時の間取りに合わせたキッチンになっていることから、現在流行りのシステムキッチンにしたい場合、リフォームが必要になります。
キッチンのリフォーム費用の相場は、約150万円から約300万円になります。
コンロなどの部分的な交換は、30万円以下の費用で済み、システムキッチンだけの交換や設備のグレードアップは、50万円から150万円ほどでできます。
他にも、大きく間取りを変更するものや配管工事が必要になるものは、キッチン本体以外にも費用がかかるので、予算には余裕を持たせておくと良いでしょう。

*浴室

浴室のリフォーム費用の相場は、100万円から150万円ほどになります。
中古住宅のようにある程度築年数が経過したもののリフォームでは、既存の浴室の解体が必要になり、その分の費用がプラスされる可能性もあります。

*トイレ

トイレのリフォーム費用の相場は、20万円~40万円ほどになります。
多くのリフォームは、シャワートイレや壁や床の張り替えになるでしょう。
築年数が長い中古住宅では、和式便器のままだったりすることもあるので、洋式便器を設置するための工事が必要になることもあります。

*リビング

リビングのリフォーム費用の相場は、150万円から450万円になります。
やはり、リビングは、家の中でも多くの時間を過ごす場所となるので、費用にも幅があります。
多くは、壁や床の張り替えのリフォームになるでしょう。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方へ、場所別のリフォーム費用をご紹介していきました。
リフォームにかかる費用は、場所によって大きく変わります。
中古住宅の購入を検討されている方は、どの場所をリフォームする必要があるのか把握しておくと、予算が立てやすくなるでしょう。
ウスクラ建設株式会社では、地域密着工務店としてリフォームを手掛けております。
リフォームの施工例もございますので、もしご興味がありましたら、当社までお気軽にご連絡ください。

江東区で中古住宅をお考えの方必見|年数ごとにかかるリフォームの費用をご紹介! (2019年12月07日)

「中古住宅をリフォームしようと考えている…」
「年数ごとにかかるリフォームの費用を知りたい!」
そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
中古住宅をリフォームする際には、やはり費用面が気になりますよね。
また、資金計画をするうえで、築年数によって、どれくらいのリフォーム費用が必要になるのか知っておきたいものです。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方へ、年数ごとにかかるリフォームの費用をご紹介していきます。

 

□中古住宅の年数ごとのリフォーム費用とは?

中古住宅のリフォームでは、資金計画がとても重要になります。
いざ、中古住宅を購入して、リフォームしてみると予算オーバーになってしまうことも、少なからずあります。
そうならないためには、リフォーム費用と中古住宅の購入費の予算を合わせて考えなければなりません。
では、中古住宅の年数ごとのリフォーム費用について、いくつか挙げてみるので参考にしてみてください。

*築10年のリフォーム

築10年の中古住宅は、老朽化はあまり進んでおらず、水回り設備も問題ないでしょう。
しかし、人によっては、前の方が使っていたのに抵抗があるということで、お風呂場だけというように部分的なリフォームをすることもあります。

*築20年のリフォーム

築20年の中古住宅は、多くの水回り設備の老朽化が進んでいるので、水回り設備のリフォームが必要になるでしょう。
また、対面キッチンなどの新しい設備にしたい場合、間取りの変更が必要になるため、リフォーム費用が約500円かかることもあります。
もし、水回り設備のリフォームする場合は、まとめて工事することで費用が安く抑えられることもあるので、施工業者と相談してみてください。

*築30年のリフォーム

築30年の中古住宅は、給排水管の老朽化が進み、漏水の心配もあるので、給排水管の更新が必要になるでしょう。
また、耐震性にも不安があるので、耐震補強をする場合が多いです。
これらのような工事を行い、内装を全て新しいものにするスケルトンリフォームがおすすめになります。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方へ、年数ごとにかかるリフォームの費用をご紹介していきました。
中古住宅のリフォーム費用は、築年数によって大きく変わります。
中古住宅の購入を検討されている方は、築年数に注目して資金計画をたてると良いでしょう。
また、ウスクラ建設株式会社では、明治16年の創業時から現在まで、リフォームにおいて多くの実績があります。
もし、中古住宅のリフォーム検討されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度にお気軽ご相談ください。

中古住宅をお考えの方へ|リフォームとリノベーションの違いについて解説します! (2019年12月03日)

「将来のマイホームとして、中古住宅を考えている…」
「そもそも、リフォームとリノベーションの違いが、よく分からない…」
そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
家に手を加える方法として、リフォームとリノベーションという言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。
これらは、似たような言葉なので、同じ意味と思われがちですが、実は、リフォームとリノベーションでは、少し違いがあります。
そこで今回は、リフォームとリノベーションの違いについて解説していきます。

□そもそも、リフォーム・リノベーションとは?

皆さんの中にも、将来のマイホームとして中古住宅を購入し、そこからリフォームやリノベーションしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
リフォームとリノベーションは、次のように使い分けられています。

*リフォーム

リフォームとは、時が経つにつれて老朽化した建物を新築と同じ状態に戻すための改修工事のことです。
イメージとしては、マイナスからゼロの状態に戻す方法として、リフォームが使われます。

*リノベーション

リノベーションは、既にある建物に大規模な工事を手掛け、将来のことを考えて、家の機能や価値を新築の状態より向上させるための改修工事のことです。
イメージとしては、マイナスからプラスの状態にする方法として、リノベーションが使われます。

 

□リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションの意味の違い分かっていただけたところで、具体的にどのような違いがあるのか気になりますよね。
それぞれの違いは、次のようなことが挙げられます。

*工事の規模

リフォームとリノベーションでは、工事の規模が大きく違います。
リフォームでは、古くなったキッチンの取り換えや外装の塗り直しなどの比較的小規模な工事になることが多いです。
一方で、リノベーションでは、子供が生まれることから間取りを大きく変えたり、耐震性や耐久性を高めたりする施工などのような大規模な工事になります。

 

□まとめ

今回は、中古住宅をお考えの方へ、リフォームとリノベーションの違いについて解説していきました。
将来のマイホームは、中古住宅を購入して、そこからリフォームやリノベーションしたいという方は、今回説明したような違いがあることを覚えておくと良いでしょう。
また、ウスクラ建設株式会社では、リフォーム・リノベーションを手掛けています。
中古住宅をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度当社までお気軽にお問い合わせください。

お役立ち