江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

耐火木造・鉄骨造について

耐火木造について

都市計画法では防火・防災のために、商業地域や幹線道路沿いなどを中心に、工業地域だけでなく住宅地域も含めて広範囲に「防火地域」が定められています。

建築基準法には、この防火地域では火災が発生した場合に備えて、被害を最小限に食い止められるよう、3階以上または延べ床面積100平方メートル超の建物は耐火建築物にすることが義務付けられています。

以前は木造では準耐火構造は可能でも、耐火構造とすることはできませんでしたが、国土交通大臣の認定を受けたことで木造での耐火建築物の建築が可能となり、防火地域での100㎡以上や3階建ての住宅建築も可能となりました。
もちろん、鉄骨造で耐火建築物を建てることも可能ですが、人が暮らす家は木造住宅が一番だと考えています。
内観画像

 
 

鉄骨造について

鉄骨造には【重量鉄骨造】と【軽量鉄骨造】がありますが、ウスクラで建てるのは重量鉄骨造。
重量鉄骨造には以下のようなメリット・デメリットがあります。
 
メリット
多層高層階の建物を計画出来る。
間取りプランの自由度が高くなる。
大空間が確保しやすい。
鉄筋コンクリート造と比べて工期が短く、工事金額も安くなる。
 

デメリット
・木造に比べて地中コンクリート基礎が大きくなる。
・木造に比べて工事金額が高くなる。
・木造よりも熱伝導率が高いため、適切な断熱対策を行わないとヒートブリッジ(*)が起こる危険性がある。
 *ヒートブリッジ…局所的に熱が逃げてしまうことで、熱橋とも呼ばれます。

鉄骨造1鉄骨造2鉄骨造3

家づくりについてのご質問はお気軽に!