江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

お役立ちコラム

江東区で中古住宅をお考えの方へ!リフォームの期間について解説! (2020年02月14日)

「リフォームの期間ってどれくらい必要なのだろう。」
「期間って、予定通りに進むのかな。」
このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
リフォームの期間について、詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、リフォームの期間について解説します。

□リフォームの段取りについて

*計画

まず、自分がリフォームをしたいと考え始めてから、具体的にどこをリフォームしたいか、どのようにリフォームさせたいか、をある程度まとめておきます。
そして、計画した上で、自分に合ったリフォーム会社を検討します。

*プランニング

会社が決まると、その会社に訪問しましょう。
取引をすると、会社側は現地調査をおこない、見積もり比較や検討をおこなってくれます。
そして、自分の立てていた計画に、見直しなどのより適切なプランニングを提案してくれます。
その話し合いの中でお互いが合意すると、契約し、発注に入ります。

*工事

契約が終わると、実際に業者が住宅を訪問し、着工を始めます。
リフォーム内容によって、着工にかかる時間も異なりますが、着工が終わると工事に入ります。
20万円未満であれば、1か月ほどでリフォームは終わりますが、500万円を超える場合は、半年はかかると見積もっておいた方がいいでしょう。
その工事が終わると、住宅のリフォームは完成です。
以上の3ステップが、主なリフォーム段階とされています。

 

□リフォーム期間を計画通り進めるためには

リフォーム期間を計画通り進めるためには、希望の完成予定時期を予め伝えておくことが大切です。
計画書を作るだけでも、時間が伸びてしまうことはよくあります。
そうなってしまうと、建設業者とのスケジュールの兼ね合いや、納品予定日など、どんどん遅れていってしまいます。
そうならないために、完成予定時期を伝えておくことで逆算して予定を進められます。
会社によって段取りも多少は異なるので、相手側の都合も予め知っておくといいでしょう。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、リフォームの期間について解説しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ中古住宅のリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区で中古住宅をお考えの方へ!外観のリフォームについて解説! (2020年02月10日)

「中古住宅のリフォームは、どのように変化するのかな。」
「リフォームで、外観はどのように変わるのかな。」
このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中古住宅の外観のリフォームについて、あまり詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、外観のリフォームについて解説します。

 

□外壁のリフォームについて

外観の問題の一つとして、外壁があります。
外壁のリフォームをすると、多くのメリットがあります。
以下では、そのメリットをご紹介していきます。

*外観が綺麗になる

外壁を綺麗にすることで得られる一番分かりやすいメリットは、外観が綺麗になることでしょう。
中古住宅であっても、リフォームをすることで、新築のような変化が見てとれます。
中古住宅に多い、カビやサビなどの汚れはどうしても気になってしまうでしょう。
古びた外観のままであっては、お客さんを呼ぶことにも気が引けてしまいますよね。
良い印象を与えるにも、外壁を綺麗にすることは非常に大切です。

*環境への対応

中古住宅であれば、環境にもよりますが、隙間風や雨漏りが天敵になることもあります。
リフォームをすれば、そのような問題も解決できるでしょう。
経年によって、家が劣化してしまうことは仕方のないことなので、劣化を考慮した上で対策案を考えましょう。

*光熱費節約などの省エネ

外壁を塗装する塗料には、様々な種類があります。
断熱や、サビ防止、その他いくつもの機能を兼ね備えたものなど、機能性の多い塗料が増えつつあります。
断熱性や遮熱性の高いものであれば、部屋が夏には涼しく冬には暖かく過ごすことができます。
エアコンの利用頻度も減り、光熱費の節約にもつながります。
用いる塗料一つで、生活様式にも大きくつながり、快適な生活にもつながるため、自分の理想に合った塗料選びができるといいですね。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、外観のリフォームについてご紹介しました。
外観のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ外観のリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区で中古住宅をお考えの方へ!床暖房のリフォームについて紹介! (2020年02月06日)

「自分の家にも床暖房を取り入れてみたいな。」
「リフォームして、手軽に暖房をつけてみたい。」
このようなお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
床暖房のリフォームについて、詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、床暖房のリフォームについてご紹介します。

 

□床暖房のリフォームをする方法

主に床暖房には、電気を用いる方法と、温水を用いる方法があります。
一般的に、リーズナブルとされているのは、電気式の床暖房ですが、光熱費を抑えたいのであれば、温水式床暖房が効果的とされます。
電気式床暖房は、狭い範囲でも設置でき、初期費用としては比較的安価なものが多いことが強みとなります。
また逆に、温水式床暖房は、暖房効果が高く、ランニングコストが低いという強みがあります。
その中でも、ヒーター式や、蓄熱式など、床暖房はいくつかの方法に分類されています。
たくさんの種類がありますが、設置方法としては主に2つの方法が用いられています。

*床材の上に設置する

元々ある床材の上から、床暖房を設置する方法が一つとして挙げられます。
この方法は、元々の床の上に上記で紹介したヒーター式の床暖房や温水床暖房を設置し、専用の床材を重ねる方法となります。
設置方法としてはお手軽で簡単なので、工事期間も短く抑えられます。

*床を剥がして設置する方法

もう一つの方法として、今ある床材を剥がして、新たにその場所に床暖房を設置する方法が挙げられます。
こちらは、今ある床にそのまま設置する訳ではないので、デザイン性や仕上げのバリエーションに幅ができます。
間取りの設定も自由で、非常に融通の利く方法ですが、その分費用も所要時間もかかります。
これらの2つの方法は、それぞれ用途や方向性がはっきりとしているので、自分の目的に合った床暖房選びができるといいですね。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、床暖房のリフォームについてご紹介しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ中古住宅のリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区で中古住宅をお考えの方へ!自分でのリフォームについて解説! (2020年02月02日)

「中古住宅って、どのようにリフォームするのだろう。」
「自分でも、リフォームってできるのかな。」
このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中古住宅を自分でリフォームすることに詳しくない方は多いと思います。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、自分でのリフォームについてご紹介します。

 

□自分でリフォームをするメリット

*経費の削減

もし、自分ではなく建設業者へ依頼する場合、材料費はもちろん、人件費も発生します。
その上、仲介手数料など、様々な費用が積み重なってしまいます。
しかし、自分でリフォームをするとなると、材料費のみ発生するだけで経費が削減されます。

*自分の思い通りに作成ができる

いざ、業者に依頼したとしても、想像と出来映えが異なってしまうケースがあります。
しかし、自分で一から作成をおこなうと、意思疎通のミスが発生する可能性は無くなります。
細かなこだわりでも、どこまでカスタムするかは、自分次第ということですね。

 

□自分でリフォームをするデメリット

*作業時間の確保が難しい

自分で一からリフォームをするとなると、時間が無いと少し難しいかもしれません。
知識も少ないと、情報を集めて、その情報を用いる時間も必要となります。
会社勤めなどでお忙しい方が、全ての設計を考えるのは、なかなか難しいかもしれません。
電気工事といった特殊工事などは、より特化した専門知識が必要となるので、予め気をつけましょう。

*初期投資がかかる

自分で一から作るとなると、建設業者に依頼をしないので、その分の器具が必要となります。
建設業者などに依頼をすると、器具は建設業者側が用意してくれますが、自分でリフォームをするとなると、同じようにはいきません。
レンタルで貸し出しをしているホームセンターもありますが、長期にわたるリフォームの場合は、買ってしまった方が効率は良いかもしれません。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、自分でのリフォームについてご紹介しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ自分でのリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区で中古住宅をお考えの方へ!リフォームの失敗について解説! (2020年01月29日)

「せっかくリフォームするのだから、失敗したくない。」
「どういう対策を練ればいいのか、知りたい。」

このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
リフォームの失敗例について、詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、リフォームの失敗例について解説します。

 

□リフォームの失敗例について

*思い通りの間取りにできない

間取りのリフォームを考えた際、壁を取り壊して、部屋を広くするリフォームをおこなうケースがあります。
その際、どうしても部屋の構造として、理想の間取りにリフォームできない場合があります。
ラーメン構造や、壁式構造、壁の耐久力によってもrリフォームできない場合もあるので、予め知っておくといいかもしれません。

*費用が予想よりもかかってしまう

解体工事をしている際でも、気付いていなかった劣化を発見してしまう場合があります。
もちろん、早期発見はいいことですが、その工事費用も新たにかかってしまいます。
また、工事期間も長引いてしまうので、予定が狂ってしまうでしょう。
自分で住宅診断をするのは難しいので、ホームインスペクションを利用してみるといいかもしれません。
専門家が、必要なメンテナンス工事などを、客観的に分析してくれるので、安心したサービスとなっています。

 

□リフォームで失敗しないためには

中古住宅となると、新築住宅と違い、チェックする項目が増えてきます。
自分だけでは、見落としがちな点や、そもそも知らないポイントも複数出てくることでしょう。
少しでも満足のいくリフォームにするために、実績のあるリフォーム会社に依頼をしてみましょう。
経験が豊富であれば、過去の実績からのアドバイスも貰えるはずです。
提携会社にも幅が利く可能性も高いので、メリットは多いはずです。
自分にあったリフォーム会社探し、住宅探しができるといいですね。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、リフォームの失敗例について解説しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ中古住宅のリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区で中古住宅をお考えの方へ!レトロにリフォームする方法を紹介! (2020年01月25日)

「せっかくリフォームするのだから、自分なりのリフォームがしたい。」
「レトロな雰囲気にリフォームもできるのかな。」
このようなお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中古住宅のリフォームについて、詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、レトロにリフォームする方法についてご紹介します。

 

□中古住宅をレトロな空間へ

中古住宅をリフォームする際、レトロ感を残しておきたいのであれば、中古住宅を購入することは強みだといえます。
昔のものには、新築のものにはない味わいや暖かみがあります。
それを活かしたまま中古住宅のリフォームに取り組んでみましょう。

*内装の素材

内装の素材にレトロ感を持たせたいのであれば、木目の素材を使ってみることが一つの方法となります。
また、元々中古住宅で柱などが木目のものの場合、その素材に似た内装の素材を用いてみてもいいかもしれません。
そうすることで世界観も統一され、部屋に落ち着いた雰囲気が出るでしょう。

*清潔感を意識する

レトロとは言え、何事でも行き過ぎてしまうとただの古い家になってしまいます。
レトロを意識する上で気をつけた方がいいことは、清潔感です。
埃っぽいというイメージを持たれてしまっては、世界観も崩れてしまいますよね。
特に水回りなど、昔のトイレであってもレトロとはあまり感じません。
そのため、洗面所やトイレは主流のものにしておくといいでしょう。

*部屋の雰囲気を変えるために

部屋の雰囲気を変えるためには照明などが便利です。
色も暖かいものにすると、その分部屋にも暖かみが出るでしょう。
また、細かな置物や家具も意識するといいかもしれません。
自然にありそうな色合いや、質感を意識して統一してみることも一つのコツです。
最近のホームセンターには、様々な種類の商品が置かれていますので、一度足を運んでみて検討してみてはいかがですか。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、レトロにリフォームする方法についてご紹介しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ中古住宅のリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、お悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区で中古住宅をお考えの方へ!リフォームでお得に暮らそう! (2020年01月21日)

「中古住宅より、新築住宅の方がいいのかな。」
「中古住宅をリフォームしてみるのはどうだろう。」
このようなお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中古住宅のリフォームについて、詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、リフォームでお得に暮らす方法についてご紹介します。

 

□中古住宅をリフォームして暮らすメリット

*物件価格が安い

中古住宅であれば、物件価格が新築住宅に比べて安くなります。
同じ立地であっても、かかるコストは圧倒的に異なります。
リフォームをしても、新築住宅よりもかかるコストが少ないことがほとんどなので、金額面ではメリットであると言えるでしょう。

*自由に条件を選べる

新築となると、空いている土地から探すということが条件となります。
しかし、中古住宅であると、空いている物件は多数あるので、通勤に便利であったり、閑静な場所であったりと、自分の都合にあった物件を選べます。
そのため、条件を妥協せず、その後物件をリフォームすれば、満足する物件探しになるでしょう。

*下見ができる

中古住宅のメリットとして、下見ができることが挙げられます。
新築住宅であると、どうしても完成した後でしか確認ができないため、予定とのギャップを感じてしまう可能性を否めません。
また、自分がリフォームしたい点が少なければ少ないほど、リフォーム費用は減るので、下見をできるのは予算を考慮する上で大きな強みだと言えるでしょう。

 

□中古住宅をリフォームして暮らすデメリット

*リフォームができない可能性がある

マンションなどの中古住宅を購入される場合、共用部分やフロントなど、リフォームが不可能な場合があります。
事前の確認では、物件しか確認しておらず、いざ購入してから後悔してしまうケースがあります。
目先の物件だけに捉われず、配管など、そもそも何がリフォーム可能なのか把握しておくといいでしょう。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、リフォームでお得に暮らす方法についてご紹介しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ中古住宅のリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、お悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、間取り変更リフォームについて紹介! (2020年01月17日)

「中古住宅でも、自分の部屋らしくしたい。」
「中古住宅の間取りリフォームって出来るのかな。」
このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中古住宅の間取りリフォームについて詳しくない方も多いかもしれません。
そこで今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、間取り変更リフォームについてご紹介します。

 

□間取りリフォームの例

間取りの利用の仕方は、人それぞれです。
採光をより取り入れたい、結婚や出産人数が増えて、もっと広々としたリビングが欲しいなど、様々なニーズがあるでしょう。
そのような方のために、間取りリフォームの例をご紹介します。

*部屋をまとめる

いくつかの部屋をまとめると、一つの大きな部屋が生まれます。
使っていない部屋を合体させて、開放的な部屋を作ることで、家族の集い場にしてみることも可能です。
また、家族だけでなく、お客様を出迎えるときも、大きい部屋が一つあると、招待しても困りませんよね。
広々とした空間は、リラックス効果もあり、使い勝手もいいでしょう。

*部屋を分ける

子供も大きくなってきたので、また仕事場を新たに設けたいので、という方には、元々あった部屋を二つに区切ってみましょう。
パーソナルスペースは、区切って初めて生まれるものです。
何かの物置小屋としても使えるので、あって困ることはありません。
引き戸タイプにしてみると、元の一部屋としても使えるので、自分に合った間取り作りを考えて創作してみましょう。

 

□間取りリフォームの価格について

一軒家の場合は、200~300万円程度が一般的な価格になります。
リフォーム会社や、家の状況にも多少左右はされるので、一度相談をしてみた上で、検討するといいかもしれません。
また、マンションなどで、スケルトンリフォームをする際は、300~400万円ほどかかります。
具体的なリフォーム内容にもよるので、以上はおおよその価格となります。

 

□まとめ

今回は、江東区で中古住宅をお考えの方に向けて、間取り変更リフォームについてご紹介しました。
中古住宅のリフォームについてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ間取りのリフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、江東区を中心に歴史深い工務店業をおこなっております。
家作りの知識が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。
家のリフォームをご検討の方、建築についてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

江東区の方へ!中古住宅のリノベーションはdiyでできるの? (2020年01月14日)

「リノベーションはdiyでできるの?」
「diyでできることを教えてほしい!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションは内容によっては、費用がかなりかかる場合があります。
そのため、diyでできることはdiyでやりたいという方は多いと思います。
しかし、リノベーションをdiyですることはおすすめしません。
そこで今回は、中古住宅のリノベーションはdiyでできるのか解説します。

□中古住宅のリノベーションはdiyでできるの?

結論から言うと、リノベーションはdiyでできます。
そこで以下では、diyでできることを紹介します。

*壁を壊す

バールやカナヅチなどを使い、住宅の壁を壊します。
「壁を壊すだけなら簡単!」と考える方はいらっしゃいませんか。
しかし、壁を壊した後に柱が出てきます。
その柱の中には、取り除いてはいけない柱があり、間違って取り除くと耐震性に影響します。
そのため、取り除いていいかわからない場合は、業者に依頼しましょう。

*塗装する

塗料や道具を購入して、壁や天井を自分で塗装できます。
しかし、自分で塗装することは想像よりも大変です。
例えば、下地処理が必要になったり、塗料を塗るといけない場所があったりします。
それらがわからない場合は、失敗する可能性が高いです。
そのため、失敗したくない方やきれいに仕上げたい方は業者に依頼しましょう。

*フロアタイルを貼る

中古住宅の場合は、床に穴が空いていたり、凹んでいたりする場合があります。
しかし、床を剥がして貼り直すと、かなり費用がかかります。
そのため、フロアタイルを上から貼ることで、穴や凹みを見えないようにできます。
貼る作業で難しいことは、部屋が真四角ではないため、微調節が必要なことです。
もし微調節が難しいと思う場合は、業者に依頼しましょう。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
リノベーションだけではなく、物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、中古住宅のリノベーションはdiyでできるのか解説しました。
上記の通り、中古住宅のリノベーションはdiyですることはおすすめしません。
もし、リノベーションしたい場合は業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
「物件探しからサポートしてほしい!」という方や「リノベーションのプランを相談したい!」という方は当社にお問い合わせください。

江東区の方必見!中古住宅のリノベーションにはいくらぐらいの費用がかかるの? (2020年01月10日)

「リノベーションっていくらぐらい費用がかかるの?」
「費用によってできるリノベーションの例を知りたい!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションすることは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、リノベーションにかかる費用がいくらぐらいかわからない方が多いと思います。
しかし、かかる費用がわからないと不安ですよね。
そこで今回は、中古住宅のリノベーションにいくらぐらいの費用がかかるのか解説します。

□リノベーションにかかる費用

中古住宅のリノベーションにかかる費用は、内容によって異なります。
今回は、3つのリノベーションにかかる費用について解説します。

*間取りの変更

間取りの変更は、生活動線で不便に感じている場合に行うことが多いです。
例えば、壁を取り除き、キッチン、ダイニング、リビングをLDKとして1つにするなどです。
また、新しく壁を作る場合も間取りの変更に当てはまります。
例えば、1つの部屋を2つの部屋に分けたり、ロールカーテンを設置したりするなどです。
壁を取り除く費用は10~70万円で、クロスの張り替えなどを行う場合は高くなる場合もあります。
一方で、壁を作る費用は5~35万円で、どんな壁にするかによって費用は異なります。

*外装

見た目の変化だけではなく、防音性や断熱性を高めるために、外装のリノベーションを行うことが多いです。
費用は20~300万円とかなり幅があり、その理由は塗装するかしないかで大きく異なるからです。
費用は塗装する場合は80万円以上すると考えておきましょう。

*耐震性

耐震性は、中古住宅を購入した場合に気になることの1つだと思います。
耐震性を高めるリノベーションにかかる費用は、140~160万円です。
また、ポイントを絞って補強することで、費用を少し安く抑えられます。

□江東区でリノベーションするなら当社にお任せ!

当社は江東区で中古住宅のリノベーションを提供しています。
物件探しからメンテナンスまでしっかりサポートします。
また、街の不動産屋さんのきめ細やかさと、建築会社ならではの目線でお客様をサポートできます。
そして、不動産と建築に精通したスタッフが最後まで責任をもって対応することが少数精鋭の当社ならではの強みです。

□まとめ

今回は、中古住宅のリノベーションにいくらぐらいの費用がかかるのかについて解説しました。
この記事を参考に、中古住宅をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
上記の通り、当社は中古住宅のリノベーションを提供しています。
「リノベーションの費用について相談したい!」という方や「物件探しからサポートしてほしい!」という方は、当社にお問い合わせください。

お役立ち