江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

江東区で注文住宅を検討中の方必見!外観の決め方のポイントを徹底解説!2019.10.28

「注文住宅の購入を検討中だけど、外観の決め方がわからない…」
「外観で失敗しないためには、何に気をつけるべき?」

理想のマイホームを実現しようと思うなら、やっぱり自分で自由に設計できる注文住宅ですよね。
特に住宅の顔とも言える外観は、おしゃれにしたいと誰もが思うものです。
そこで今回は、注文住宅のプロが、外観の決め方のポイントについてご紹介します!

□注文住宅の外観って何に気をつけて決めるべき?

 

*家の形の決め方

家の形が異なると、住宅の外観のイメージは大きく異なります。
例えば、住宅の形状がシンプルなものだとスタイリッシュな印象を、複雑な形だと豪華な印象を与えます。
そのため、まずは理想の家のイメージを固め、自分が好きな形を選ぶのが大切です。

 

*色の決め方

家のイメージを大きく左右する外観の色選びには、少し注意が必要です。
特に住宅地に新居を構える際は、あまりにも奇抜な色だと、クレームがくる恐れがあります。
赤や青、黄色などの原色は避けた方が無難です。
一般的に、外観が白系だと明るい印象を持ち、ベージュ系や黒系だと落ち着いた雰囲気の住宅になります。
また、ブラウン系の外観は高級感を演出し、日本人に人気です。

 

*外壁の決め方

まずは外壁の質感ですが、ツルツルした表面は光沢があり、高級感のある仕上がりになります。
一方で表面がザラザラした外壁は、古風で普遍的な印象を与えます。
次に外壁の模様ですが、色の異なるタイルを使い分けて模様を作ることがあります。
パターンは何通りもありますが、外観の色と同様に、あまりにも奇抜な模様は避けるのが無難です。

 

*窓の配置の決め方

窓の数や位置は、家の外観の印象を決める大切な要素であるだけではありません。
間取りとも大きく関係するため、室内のデザインも考慮した上で決定する必要があります。
事前によく検討することで、意味のない場所に窓を作らないようにしましょう。
また、家の中に日差しを取り入れて明るい雰囲気にしたい場合は、窓を意識的に南側に配置するのがポイントです!

 

□まとめ

今回は注文住宅を購入する際に、知っておくべき外観の決め方のポイントについて、ご説明しました。
外観と一口に言っても、注意するべきポイントがたくさんあることをご理解いただけたのではないでしょうか?
当社は、江東区を中心に注文住宅を承っております。
ご依頼いただいた全てのお客様のために、「笑がおの家ものがたり」を育めるよう、出会いから完成、そして一生続くアフターメンテナンスまで、スタッフ一同誠心誠意尽くします。
注文住宅をご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

お役に立つコラム