江東区の注文住宅・リフォーム・不動産のご提案:ウスクラ建設

五代目社長のちょっと一息ブログ

子年の人? (2020年01月09日)

【子年の人はどんな人?】
「ねずみ=寝ず身」とされ、真面目にコツコツと働く人が多いようです。

倹約家で不要なものにお金を使わないため、若いうちから財を成すことができます。ただ度を越すとケチと噂されることもあるかもしれません。

また、鋭い勘とひらめきを持ち「火事の前にはねずみがいなくなる」「ねずみは沈む船を去る」などのことわざがあるほどです。

どんな状況でもその危機察知能力を活かせば、人生を難なく歩んでいけるでしょう。

また、ねずみはどこでも生きていけるだけに、人や場所をえり好みしません。

環境への適応能力が高く、誰にでも合わせられるのが特徴です。

コミュニケーション能力に長けているので、自然と周りに人を惹きつけるでしょう。

その反面、恋愛となると不器用になり、なかなか気持ちを打ち明けられません。しかし、ひとたび恋が実れば相手のために一途に尽くします。

子年のみなさんいかがでしょうか?(笑)

2020仕事はじめ (2020年01月06日)

新年あけましておめでとうございます。

2020年本日より仕事はじめとなります。

ウスクラ建設も皆々様方のお陰をもちまして、創業137年目(法人設立50年)の新年を迎えることが出来ました。

これもひとえにお客様からいただくご愛顧の賜と、心より感謝いたしております。

昨年2019年はどんな年だったでしょうか?

消費税10%増税、新天皇陛下のご即位は大きな出来事だったと思います。

明るいニュースでいえば、テニスの大坂なおみ選手の全豪オープン優勝、ゴルフでは渋野日向子選手の全英オープン優勝、そしてラグビーワ-ルドカップでの日本代表の大活躍がありました。

ただ一方で、毎年のように悩まされる異常気象。

関東史上最強の台風15号では、千葉県を中心に甚大な被害がありました。

2020年はどんな年になるのでしょうか?

いよいよ開催される東京オリンピック。開催に向けて高層マンションの建設や新駅の建設、国立競技場などの大型施設も次々と建設されて建設・不動産は活況を呈しています。

しかし、はじまりがあれば終わりがあります。

東京オリンピック・パラリンピックが終わった後はどのような状況が待っているのでしょうか。

オリンピックバブルの崩壊による不動産の暴落や空き家の増加、購買意欲の減速など、『オリンピック不況』も懸念されてるようです。。。

2020年も期待と不安が入り混じった、激動の年になりそうですね。

ですが我々のような小さな企業は時代に翻弄されながらも、顧客の皆様をはじめ周囲の皆様方の為にも『継続して生きていく』ことが大事だと!肯定的・前向きに考えております。

本年も【正直】に【誠実】 に一つ一つの仕事を着実に進め、皆様に寄り添っていけますよう精進してまいりますゆえ、より一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

皆様方のご健康とご多幸をお祈りしております。

ウスクラ建設株式会社 代表取締役 薄倉雄一郎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログカテゴリリスト

五代目社長のちょっと一息ブログ